7月6日(土) 久しぶりの更新

 皆様こんにちは。長期間更新していませんでしたが、僕は元気にやっています。

 先週、今週と海外出張が続いています。

 まず先週はシンガポールへ行っていました。IOC(国際オリンピック委員会)主催の第6回アスリートフォーラムへ参加しました。冬季夏季に関わらず、各国際競技連盟のアスリートコミッション(選手委員)が一堂に集まり、選手側の立場として様々な事に関して議論し、最終的にIOCに対し改善点等を提言するという内容。僕はISU(国際スケート連盟)の代表として参加しました。ISUは選手会を持っていないので、技術委員の代表から選ばれるようですが、今回は僕が指名されました。アスリートコミッションと言っても、現役中はなかなか議論の場に参加できないので、感覚的に現役選手が来ていたのは2割程度だったと思います。

 IOCのアスリート委員(今回は12〜3名程度)が主体的に会議を進めていきますが、ほとんどの人が五輪で複数のメダル(多い人で8個という方もいました)を獲得した元選手で、本当に早々たるメンバーでした。

 以前に活躍した元選手で棒高跳びのブブカ(鳥人と呼ばれた)氏や、日本でも当時は馴染みのあったナミビアの短距離選手であるフランク・フレデリクス氏も参加。当然IOC会長のジャック・ロゲ氏も来ていました。

 普段聞きなれない英単語が飛び交い大変疲れましたが(脳が)、とても貴重な機会となりました。

 そして中1日挟んで、今週火曜日からドイツ・フランクフルトに来ています。

 今回は年に1回行われるオフィシャルセミナーの主催者側として参加しています。オリンピックイヤーを目前に控え、レフェリーの皆さんと再度ルールの確認やジャッジ(判定)の意思統一が主な目的です。

 人生がかかった大会では当然ミスジャッジがあってはいけないので、コーチ・選手と同じようにレフェリーも真剣に取り組んで頂いています。

 セミナーも3日間終了し、明日の試験を残すのみとなりました。

 今年はナショナル合宿も多く行われ、国内外問わず疾走していますが、ソチ五輪で全ての関係者(選手/コーチ及びオフィシャル)がハッピーとなるよう、裏方でしっかりと協力していきたいと思います。

 余談ですが、ドイツはビールとソーセージが本当に美味しいですよ☆昼間はしっかりと会議を行い、夜は飲食を楽しむ。このメリハリが更に美味しく感じさせるんでしょうね。

バックナンバーに戻る
ホームに戻る