12月29日(火) 小嶋選手と京都

 フッとした瞬間に京都へ行きたくなり、プリウスを走らせました。

 僕は京都が大好きで、今年の夏(ソルトレーク合宿に行く直前)にも行きましたし、前回のトリノ五輪が終わってからも一度行きました。

 今日は天気が素晴らしく、気温もそこそこ高かったので絶好の散策日和。夏に清水寺へ行ったので、その他のお寺さんへ行く事にしました。今回は東本願寺と西本願寺へ。それにしても、改めて見ると本当にスケールがデカイ! 

 もしかしたら小学校の時の修学旅行で来た事があるかもしれないけど(金閣寺と新京極しか記憶がない。。。)、とにかく圧倒されました。細かく見れば見るほど、建築物としての完成度が素晴らしいですね。。。

 お昼ご飯は四条河原町まで出て、先斗町で昼食。おばんざいを食べました。

 で、ここからが普通の京都観光とは違うところ。それから車を南西に走らせた。目的地は向日町競輪場!何で競輪場へ行ったかと言うと、先日のショートトラックの全日本選手権に最近仲良くさせて頂いている小嶋敬二選手が応援に来て下さいました。しかも2日間とも。

 その小嶋選手が、今年最後のレースに本日出場。レース開催地は東京だったので、僕は現地まで応援に行く事ができなかったけど、せめてライブで応援したいと思い足を運んだ訳です。

 競輪は大きなレースだと、現地まで行かなくても地方の競輪場で車券を買う事ができるようです。だから、競輪場に行けば無論中継もやっている訳で。今はインターネットでも、もちろん中継を見ることができるのだけど、現地に行けないならせめて他の競輪場までは。。と思い。もちろん場所は分からなかったけど、ナビが案内してくれたので。

 実はショート全日本選手権の試合初日が終わった夜、たまたま同じホテルに宿泊していて、ホテルの中華レストランへ行ったらたまたま隣同士になった。そこで色々お話したら、とても気持ちが楽になった。だから2日目も棄権せずに、僕らしいスケーティングが出来たと思う。

 僕はショート界では最長老だったけど、小嶋選手は何と40歳。まだまだバリバリで、競輪界の頂点であるS級S班に所属しています。

 それにしても、レースを見ていてめちゃくちゃ緊張した。きっと僕がレースをしていた時も、両親や妻はこうやって緊張したんだろうなぁ。しかも、めちゃ脇に汗かいたし(笑)。

 そしてもう一つ思った事は、今日の小嶋選手はラスト1周から先行しゴール直前で後続の選手にかわされてしまったけど、とても感動したという事。

 競輪はギャンブルなので、僕らのアマチュアスポーツとは構図が違うかもしれないけど、戦っている選手は真剣そのものという点は変わらず、その姿から伝わってくるものがありました。

 もしかしたら、僕のレースを見て感動してくれた方もいるかもしれないけど、本当にスポーツって良いものだと改めて思った。こんなに心打たれたのは久しぶり。

 正直、今年の夏くらいに小嶋選手の走りを生で見ておけば良かったと思った。これ程心打たれると、もう一段階上の何かを出来るような気がする。そんな事を思った一日でした。

 それにしても新名神を使うと、京都は今まで以上に身近な距離に感じました。


12月26日(土) 今週の出来事

 今週は怒涛の一週間で、すっかり日記もオサボリ気味でした。少なくともオリンピックが終わるまでは更新していこうと思いますので、どうぞよろしく。

 23日(水)に名古屋観光ホテルで行われた、秋川雅史さんのディナーショーへ行ってきました。もちろん渡辺先生とです。僕の妻も一緒でした。「千の風になって」も聞けましたし。

 ディナーショーは初体験。コンサートも2002年の「ゆず」が最後なので、もうワクワクでした。コンサート会場と違い、かなり密集した空間なのでとても親近感をおぼえた。

 スポーツと一緒で、やはり生の歌声は良いですね。今後はコンサート等にも積極的に行ってみたいと思いました。ディナーショーなので、もちろん歌を聞く前に食事があります。多分、スタートまでタイトスケジュールだから、次から次へと料理が出てきました。レストランでもこれくらい早く出てくると楽かも(笑)。それにしても、今回も色々とサプライズがありました。先生と一緒にいると楽しくて仕方ありません。

 木曜日の夜は久しぶりに鉄人(室伏広治さん)と会って食事した。今回は妹の由佳ちゃん(ハンマーだけでなく、円盤も投げてます)に手料理を振舞ってもらい、とても楽しいクリスマスパーティーでした。妻が運転役をしてくれたので、久しぶりにたくさん飲みました。そしたら予想以上に酔っ払い、あまり眠れず大変でした。。。

 さて、今日から連休が始まりました。何と11連休。今回は本当にゆっくりできます。

 でも既に1日目が終わろうとしている。何だかちょっと寂しい。早いなぁ。。


12月22日(火) 夢は破れたのか?

 月曜の朝起きたら怪我をした足首が腫れあがり、ここ最近では一番の痛みだった。日曜日までは緊張感から痛みを感じなかったかもしれないが、少しホッとしたのか一気に出てきたようだ。皆さまご存知の通り、5回目のオリンピック出場は果たせませんでした。

 次こそはメダルを獲得したいと思った。妻が留学を経験したバンクーバーへ一緒に行きたいと思っていた。

 僕の夢は叶わなかったのか?

 答えはYESでありNOでもある。人それぞれ考え方は色々あると思う。客観的に見れば、5大会連続出場というのは素晴らしい快挙である。ショートトラック界の歴史に、永遠に語り継がれる事かもしれない。

 でも、僕はそれを望まない。オリンピックに出場し、日本の代表として入賞以上の最低限の仕事ができてこそ代表と誇れる事であると思う。自分のキャリア形成の為に、ただ連続出場を伸ばすのは僕の趣味ではない。

 自分の事は自分が一番良く知っているかもしれない。11月にW杯で世界と戦い、これから3ヶ月で世界と対等に争えるまでの力を付ける事が現実的だとは思えなかった。

 正直に言うと、ここ数年は何度もスケートを辞めたいと思った。最初は長距離を滑った後や、ハードな練習をする度に若手についていけず、心の中で苦しい思いをした。昨年全日本選手権で12度目の総合優勝を果たした時も、来年はかなり厳しい戦いになると想像できた。そこに2月の足首骨折。。。

 その時点で引退していれば、寺尾悟は全日本チャンピオンのまま、強いままショートトラック界を去る事ができた。しかし、それでは駄目。僕が初めて全日本選手権で優勝した時は、偉大な先輩に勝って世代交代をした。当人がいないまま新チャンピオンが誕生しても、それはただの繰り上がり勝者にすぎない。ディフェンディングチャンピオンを打ち負かしてこそ、世代交代は成立する。

 今回試合を迎える事が正直怖かった。できる事なら棄権して、何事もなかったように時間が過ぎるのを待つ事を望んでいたかもしれない。試合をしていて、こんなに苦しかったのは初めてだった。

 でも、最後まで戦い抜いて本当に気持ちがスッキリした。トリノの時に、オリンピックはこれが最後になると思いますと散々言った。しかし、引退するイメージが全然湧かなかった。もしかしたら、僕は一生選手として滑り続けるのかな?とさえ思ったほどだ。しかし、それはしっかりやってきた。今シーズンが始まった頃から、いつの間にか“その後”の自分をハッキリとイメージできるようになっていた。

 代表記者会見で3人の意気込みを聞き、これなら大丈夫と思った。バトンはしっかり引き継げた。彼らに個別の気持ちを伝えると、以下のようになる。

 長文になってしまいました。昨日は日付が変わってからようやくアパートに到着し、今日は業務があったため4時間くらいの睡眠で出社。

 少なくともオリンピックが終わるくらいまでは日記を続けていきたいと思いますので、時々遊びに来て頂ければと思います。今日は朝から5分おきくらいに携帯にメールが届きました。本当にたくさんの方々に応援されてきたと改めて感じました。

 スケートを始めて約24年間。ここまでスケートを続ける事ができた事を心より感謝申し上げます。本当にたくさんの方がに支えられてきました。

 これからも是非ショートトラックを応援願います。ありがとうございました。

2009年12月22日午前1時05分
寺尾 悟


12月19日(土) まだある!

 明日がまだ残っている。 最後まで滑り切ります!

 それにしても疲れた。


12月18日(金) 決戦の日

 いよいよ明日から全日本選手権。

 今朝は9時から公式練習。国内大会だと夜の練習が多いけど、今回は一日公式練習の時間が割かれており(ジュニアの大会も併設なので)、とてもやりやすい、調子は悪くない。僕が良いという事は、他の選手はもっと良いという事。でも気持ちは乗っていると思うから。

 オリンピック代表に向けては、非常に厳しい位置にいるが諦めたくないから明日は最後まで挑戦し続けます。良い結果を報告できる事がベストだけど、まずは大会に集中したいと思う。

 外は雪で大荒れの天気。明日の大会も荒れそうな予感。そしたら、僕にも十分にチャンスがある筈。


12月17日(木) 生き様

「足首の調子はどう?」

 最近、色々な人とお会いすると最初に聞かれる言葉。

 もちろんそれなりの返答をするのだが、それが報道関係者に質問されると、返す言葉がすぐ思いつかない時がある。それは、良かろうと悪かろうと選考会で結果を残さないとオリンピックへの道はないし、ましてや痛いからって試合で優遇されるわけではないから。とにかく滑るしかない。そんな事を自問自答している。

 怪我をしてから色々な事があったが、まだ振り返るのは早い。僕のスケートに懸ける思いを、リンクの上で表現する必要がある。

 こういった緊張感。少なくとも国内大会では。。。いや、やめておこう。これからも、前に突き進む自分でありたい。

 昨日は雪がないと言ったばかりなのに、今朝起きたら辺り一面銀世界!!


12月16日(水) 長野入り

 今回は一足先に、今日の夜に長野入りしました。

 天気予報を見てると、かなり雪が降っているのでは?と思ってましたが、それは肩透かし。名古屋から少し寒い程度で、雪も降っていなく少し安心しました。雪が道に積もってしまうと、ランニングや歩行で足を滑らせる可能性があるので、十分気をつけたい。

 昨夜は遅く、今朝は早い時間の氷上練習だったのでかなり疲れている。試合までは無理をせず、万全の態勢を。


12月14日(月) 快適

 今日は午前中出社。夕方前くらいに家に戻り、ブレードの研磨等の道具チェックをしていた。練習は軽めにして少し回復時間に充てた。

 話は全然変わるけど、新しいパソコンを購入して通信機器をどうしようかと考えていたら、WiMAX(ワイマックス)の15日間無料キャンペーンのチラシがパソコンに同封されていたのを思い出した。

 早速申し込み既に繋がってますが、これがまた快適!名古屋から少しだけ離れている場所に住んでいるから、まだ電波が飛んでないのではないかと心配したけど、シグナルもとても強いみたいで安定している。今まではウィルコムでも古い256kbpsを使っていたから、余計快適に感じる。

 またまた話は変わるけど、今週はとても寒くなるみたい。試合が行われる長野市も雪になりそう。ん〜、移動が心配。


12月13日(日) 記録会

 全日本選手権目前ですが、昨日は愛知県選手権という大会があり、練習の意味も含めて参加してきました。しかしこの大会もの凄くハード。全部滑り切ると1500m3本、500m4本、1000m4本、3000m1本となります。しかもこれを4時間半くらいでやってしまうというもの。ショートトラックにはレース間は最低20分以上空けなさいというルールがあるけど、これ全て適用。普通の大会は最初組数が多いから比較的休憩はあるけど、この大会は最初から最後までずっと20分休憩で回すって感じ。予選はもちろんそんなに速くないのだけど、それが積み重なっていくと塵も積もれば。。。という言葉の通りかなり疲れてくる。

 という事で足の痛みが気になる僕は、500mまで滑って残りは棄権した。それでも昨夜は足が張りすぎて全然眠りにつけなかった。大丈夫か?今週試合なのに。

 今日は車屋さんへ行き、美容院、マッサージと行ってのんびりした。先週体調を崩してなかなか好きな物を食べれなかったけど、今日は念願の焼き肉へ行ってきた。今日行ったのは、前からお店の前(かなり大きい)を車で通ってかなり気になっていたお店。いつも行くお店より肉厚がなくて少々残念だったけど、味は美味しかったので満足。心身ともに癒された休日となりました。


12月10日(木) コーヒーについて語る

 昨日は久しぶりに中京大学でウェイトトレーニング。ウェイトリフティング部の学生と一緒に練習に取り組むと、やっぱり良い!一人でやっている時と比べると、断然キレが違う。

 同じ重りでも、スッと上がるんだよね。緊張感ある中での練習は質が変わってくる。ハイクリーンで若干右膝が内側に入る変な癖が出ていた。すぐに監督に修正してもらい、またいつもの軌道に戻った。ジワジワ崩れていくといつの間にか修正が難しくなってしまうけど、急に出たような時はすぐに修正を加えると、意外と直りが早い場合が多いそう。今回もすぐに修正できて良かった。

 さて表題ですが、僕は自他共に認める(ホント?)コーヒー党。少なくとも1日に2杯は飲んでしまう。社内にスターバックスがあるので、朝出勤する時はタンブラーを持ってコーヒー買ってオフィスに入る。

 で、昨日久しぶりにマックのコーヒーを買って飲んだ。

価格で見ると

 スタバはマックの2倍もする。さて、この価格差は妥当なのか?個人的な意見ですが、僕は妥当だと思います。

 単体で見るとマックのコーヒーは美味しいと思います。しかし120円という価格が前提となります。スタバは240円だけど、その分コーヒーにしっかりと深みがある。(タンブラー無しだと、ショートで290円はちょっと高いなぁ)後は好みの問題だけど、どちらを買って飲んでもハズレはないですね。

 で、僕はどこのコーヒーが一番バリューフォーマネーかと聞かれたら、「ドトールコーヒー」と答えます(笑)。値段と味を考えると、ここのコーヒーが美味しくて適正な価格だと思うんですよね。スタバとマックとドトールが近くにあったら、おそらくドトールを選びます。あとは上手く使い分けたいですね。毎日1杯200円以上コーヒーに使うとやっぱりお金を使い過ぎだと思うので、そういう時はマック行ったりすると良いかな。

 もしスタバのコーヒー(ショート)が1杯220円になれば、これが一押しになりますが。

 スケートの話から脱線してしまいました。


12月7日(月) 復調の兆し

 色々とご心配おかけしています。

 昨日に引き続き、今日も病院へ診察へ行ってきました。やはり普段から診て頂いている先生にも診察してもらいたいと思い、美浜町にある渡辺病院へ駆け込みました。

 血液検査の結果から、昨日からはかなり改善されている模様。今日も点滴をしてもらい、時間が経つにつれ徐々に良くなってきました。夜にはお粥と+2品食べる事ができ、食欲も少し出てきました。まだ食べれないだろうけど、TVを見ていたら焼肉が食べたくなった(笑)。もう少し良くなってから食べに行きたいと思います。

 これなら明日は氷上練習できそう。今日も早く寝るとします。


12月6日(日) ダウン。。

 昨夜の氷上練習から嫌〜な汗が出ていた。寒いのに汗出るし。いつも出ないような変なゲップが出ていた。これは僕がいつも体調が悪くなるサイン。 

 ほぼ百発百中。やっぱり今回も体調崩した。例年、年に3回くらいは酷く体調を崩すんだけど、今年は珍しく全然なかった。しかし、ここに来てなるとは。。

 氷上練習後軽く食事をとったけど、寝る頃には嘔吐が始まり、胃の中の物が全て出るまでトイレから離れられなかった。胃の中の物が全て出たら今度は下痢が始まった。

 今日はたまらなく知人の先生に相談し、近くの病院へ行き血液検査と点滴をしてもらった。幾分楽になったが、まだまだ油断はできない。。日記を書くのもきついから、今日はこの辺で。


12月2日(水) 少しは上向き

 今週からは氷上の時間が変わり、朝は一緒だけど午後は夕食後の練習になった。これはオリンピックでの試合が基本夜なので、それに合わせた練習。と言っても、普段名古屋で練習する時は大体20時以降だから、僕としてはいつもの時間だからそんなに違和感がない。

 ただ、当然の如く夜のリンクは寒い。暖房は少し入れるけど、暖かいと氷がすぐに悪くなってしまうから、暖かいのを選ぶか氷の状況が良くなるのを選ぶか。。。僕は暖かい方が良いけど、そうすると全然練習にならない氷になってしまうから、我慢してでも寒くても氷が良い方が良いという事になる。

 今日の夜はスピード滑走。4周と2周。4周は他選手の後ろについたけど、2周は1本先頭をした。結果は国内の氷にしては悪くないラップタイムだった。もちろん、今日のラップタイムより良かった事は多々あるけど、最近の調子を思い出してみるとW杯の直前よりも良いタイム。少しは調子が良くなってきたかもしれない。

 それに比例して、ふくらはぎの状態が極端に悪くなってきた。練習が続くと足首の動きがどうしても悪くなってしまうから、その負担が全てふくらはぎにいく傾向。今は一番それが心配。試合で2日間滑りきれるかどうかがね。

 合宿もあと少しで終了。これからは19日の試合に向けて、身体と会話しながら良い波を作っていきたい。

バックナンバーに戻る
ホームに戻る