10月26日(日) 今日感じたこと

 ワールドカップ第2戦、カナダ・バンクーバー大会が終了しました。今日のメインはリレーの決勝。イギリスとの勝負でメダルが近かっただけに残念だった。 

 3位でゴールしたが、僕の初歩的なミスで失格を取られてしまった。皆で表彰台に上がりたかった。

 でも、今日リレーを滑っていって、とてつもない一体感を感じた。上手く言えないけど、皆感情を剥き出しにして戦い、失格をしたけど得るものが多かった。

 こんな気持ちになったのは近年ではないなあ。このチームはとても良い方向に行くと思う。

 今回がオリンピックでなくて良かった。1年半後に取り返せば良い。気持ちを引きずっている時間は無いから。


10月23日(木) 明日から試合だが。。。

 体調を崩しております。

 一昨日の夕方から突然体調が悪くなり、その日は下痢と嘔吐でトイレへ20回くらい駆け込みました。吐き気はなくなりましたが、下痢は続いていて、食事もほとんど摂っていない状態。はて、大丈夫でしょうか?

 点滴も3本目を打ってますが、劇的な改善が見られずちょっと心配。せっかくバンクーバーへ来たのだから、試合は何とか滑りたいな。。。丸2日間部屋から出ていないので、体力的なものは心配だけど。

 ちなみに街中にオリンピックが開催される雰囲気は全く無し!


10月20日(月) 開幕戦終わりバンクーバーへ

 3日間にわたる、今季ワールドカップ開幕戦が終わりました。

 結果としては、

と、まずまずいったところですが、各国の強化ぶりが目に見えて、今後も大変な戦いをする事となりそうです。 昨シーズンは最終戦がここソルトレークシティでしたが、今回は開幕戦という事もあり、まだまだ各選手の実力が発揮されているわけではなく、試合慣れしてくると更に早い展開でのレースとなりそうです。1000mに関しては、近年スピード化が進み、ペースはどんどん500mの域に近づいてきました。ドンドンハイレベルになってきています。

 それにしても、到着した当初は非常に寒かったのに、ここ3日間は本当に暖かく、日中は24〜5℃まで上がり、半袖でも外を歩けるくらいの気候でした(朝晩はかなり冷えますが)。 ネットで見るとバンクーバーの最高気温は12℃くらいらしいので、かなり寒く感じるでしょう。 しかも、距離別選手権大会後にこじらした風邪もいまだ完治せず(運動するから、なかなか治りきりません)、午後くらいから熱が上がってくる状態なので、次の試合までには何とか良くしたいなぁ。今大会は総じて、切れがなかったように思います。

 さて、今からバンクーバーへ移動します。いよいよですね。 シアトルまで飛行機で行き、そこからバス移動になる模様(約3時間半乗車予定)。 バンクーバーはオリンピックに関係なく、一度行ってみたい街だったので、今から楽しみです。 もちろんオリンピックの雰囲気を肌で感じる事も大切です。 少し買い物でもできれば、気分転換にもなりますし、期待通りかなぁ!?


10月13日(月) ソルトレーク

 先月上旬まで合宿をしていた場所なので何となく住み慣れた場所ですが、先月と何が違うかというと、とっても寒い事です。

 昨日サンフランシスコ経由で現地入りしましたが、一昨日は何と雪が降ったそうです。 確かに山の上を見ると、はっきりと積雪を確認できます。約1ヶ月でこうも季節感が変わるとは恐れ入りました。

 今日は早速午前中に1時間程度の陸上トレーニング。午後は約2時間の氷上練習を行いました。午前中は比較的大丈夫でしたが、午後から一気に睡魔に襲われ、氷上練習中も眠たく、夕食を食べた後は我慢できず、マッサージを受けながら爆睡してしまいました。。。さすがにまだベッドに潜り込むのは早いので、日記を書いてお風呂につかるまで頑張ろうと思います。

 こちらのホテルの食事は相変わらずなので、今回もできれば外食へ何度か行きたいと思ってます。唯一の救いは昼と夜に出るパンが数種類ありますが、その中の一つだけモチモチしていて美味しい事ですね。


10月11日(土) ワールドカップ開幕まで1週間

 毎度の事ながら早いねぇ〜。もう世界の大会も始まります。それだけ毎日が充実しているのか、本当に年々時が過ぎるのが早い。。

 明日の早朝(5時半〜)練習してから、成田へ移動してそのまま飛行機に乗りサンフランシスコ経由でソルトレークへ入ります。

 向こうへ行ったらロクに休みもないだろうから、明日無理して練習しなくても良いのにと個人的には思うんだけどなぁ〜。今回は自分のペースで調整できるか分からないので、試合に向けても不安要素が多少なりともあります。でも、まずはやれる事を一つ一つクリアしていく事が大切ですね。

 結局、風邪は治りきらず。少し良くなっても、練習するとすぐにぶり返してしまってます。特に体がだるく、3周以上滑ると息切れしてまともに滑る事ができない状況。出発までに完治したいと思っていたけど、現地まで持ち越しとなってしまいました。何としてでも試合までには、何とかしたいと思っています。

 ソルトレークはそろそろ寒い時期に入ってきたかな?先日の合宿でも最後の方は朝晩かなり冷え込んだので、それなりに覚悟する必要があるかも。

 明日も長旅だぁ〜。また現地からリポートします。


10月9日(木) セカンドハウスへお帰り!?

 週末の距離別選手権から一旦家に帰りましたが、また昨日から野辺山へ来ております。 

 本当にここ最近は、毎週末野辺山へ来ている気がします。気じゃないですね。確実に来ています(笑)。なので、最近はこちらへ帰ってくると「ただいま」って言ってしまいそうですよ。

 試合が終わった翌朝から喉が晴れはじめ、鼻水じゅーじゅー。風邪を引いてしまいました。

 薬も飲んで少しずつ良くなってきましたが、体のダルさは抜けず今一シャキッとしてませんね。早く回復させて、海外へ出てから悪化すると面倒なので体調管理は十分気をつけていかないと駄目ですね。

 食欲は旺盛で、試合が終わった後かなり食べまくっていたら、いつの間にか体重が2kgくらい増えてました。そりゃ体重たく感じますね。僕はずっと引退したら痩せると思ってましたが、今の感じで食べまくったら、どえらい事になってしまいそう。

 でも、甘い物はやめられないなぁ〜。


10月5日(日) 国内開幕戦を終えて

 1000mのパシュート(タイムトライアル)を含め、3日間にわたる大会を終えました。

 結果で行くと、1位を獲得できたのは500m(2回目)の1回のみ。2位が合計3回という結果でした。今回は距離別選手権なので基本的には総合成績というのはありませんが、点数で見ると総合2位という結果でした。

 これを評価するのは報道陣を含めた周りの方々ですが、自分的に結果を振り返ると、決して悪い成績ではなかったかと思います。

 しかし気になる事と言えば、思い通りのスケーティング(積極性も含め)ができたかどうかです。順位やスピードは決して悪くなかったと思いますが、何もかも出し切ったか?と問われれば、何レースかは不満の残る内容でした。

 逆を言うと、思い切って行くべきところで行けなかったという事です。それは単純な戦略ミスではなく、行くことができなかったという方が正しいかもしれません。

 平均的に「待ち」のケースが多かった。積極性が全然足りませんでした。

 もう2週間もしないうちにワールドカップが開幕します。そんな時期にパシュートを除く2日間で19レースとは、本当に無茶だと思いました。 

 今日の1000mのラウンド2は、右膝の痛みも出てきたので、それ以上悪化させないよう敢えて無理はしませんでした。若い選手には良い経験(僕も散々やってきたので)かもしれませんが、僕には本当に堪えましたね。。。

 水曜日から、すぐにワールドカップへ向けた事前合宿。気持ちを切り替えて、次へ向けてのステップアップを!


10月3日(金) 全日本距離別大会

 半年なんてあっという間ですね。

 今日からショートトラックはシーズンインします。ワールドカップ国内選考会を兼ねた、全日本距離別大会が始まります。

 去年までは距離別ではなく、単純にW杯選考会として独立した競技会となってましたが、今年から距離別と言う名前になる事により、実質1試合減ることになります。

 良いですね〜。ただでさえ大会が多いので、少しでも減ってくれると体への負担も大きく減ります。

 個人的には年内2試合、年明け2試合くらいが心身のバランスを考えると丁度良いのですが、そうもいきませんね〜。できれば年内はスロースタートして、来年一年にパワーをぶつけるのが一番理想的かもしれません。あとは上手く乗り切るしかないですね。

 今日は1000mのパシュートレース。このパシュートとは、ホームストレートから1人、バックストレートから1人の計2人が同時にスタートし、1000mのタイムを競うものです。名前は分かりづらいですが、いわゆるタイムトライアルで、個人の実力が試されます。

 しかしこのタイムトライアルは非常に疲れるんですね。ペース配分を間違えると、後半がとんでもない足になってしまうので、戦略も非常に難しいものとなります。

 明日は1500mと500mですが、今回は変な大会で、決勝まで滑ってもまた1500mは準決勝から、500mと1000mは準々決勝からレースをします。なので、500mでいうと決勝全て滑って4レース。さらに準々決勝から全て滑ると3レース。500mだけで7レースを滑るという無茶苦茶な大会。オッサンを早く追い出そうという気配を感じます(笑)。

 まあ、とにかくやるしかないですね。これを乗り越えてこそ、晴れて代表入りとなるわけですから。

 それでは、良い結果を報告できるよう滑ってきますね。

バックナンバーに戻る
ホームに戻る