2月28日(木) 甲府入り

 今日から世界選手権に向けた事前合宿が、山梨県・甲府にて始まりました。

 名古屋から特急「しなの」に乗り長野県・塩尻で下車。この車中で偶然にもフィギュアスケートの元オリンピック選手で、最近はショーやTVの解説でもおなじみの本田武史と遭遇。彼と会うのはいつ以来だろうというくらい久しぶり。近況を話し合ったのだが、最後に一言。「今コーチですか?」。いやいや、バリバリの現役ですよ(笑)。

 塩尻から「スーパーあずさ」にて甲府まで。「しなの」は山間をすり抜けるため、それ程の速度は出ていないと思うが、「あずさ」に乗り換えて最初に思ったのがスピード速!

 塩尻で乗り換えた時にかなり寒いと思ったが、甲府に到着して駅に降りたら、意外と暖かく感じた。野辺山はまだ寒いだろうなぁ〜。。

 今回は日曜日までと短い期間の合宿だが、来週末にはもう世界選手権が始まるから、あまりのんびりしていられないけど、焦らないようにしたいと思う。

 今回の甲府までの移動。僕、小寺コーチ、伊藤亜由子、高御堂、そして中京大から初のAチームでの代表入りした清水小百合の5人。一時期は僕一人で遠征に向かう事もあったが、またこうして大人数の移動となってきた。少しずつ古豪愛知の復活への兆しが見えてきた。


2月24日(日) 全日本選手権 11度目のV

 23、24日と、長野県・野辺山にて第31回全日本選手権が行われた。

 この大会は、ショートトラックの国内大会の最高峰に位置する。全日本クラスの主な大会は、この大会以外に全日本選抜、全日本距離別選手権とあるが、この大会が断トツのトップとなる。

 昨年10回目(2桁の大台)の総合優勝を狙った時には、久しぶりに大きな緊張感に襲われたが、それを達成した今では昨年のような余計な緊張感は無い。10回目と11回目ではあまり大きな違いを感じなかったからだ。正直、もう良く分からない領域に入ってきているように感じたからだ。

 今大会では500m、1500m、3000mで優勝する事ができ、総合優勝の記録を11に伸ばした。500mでは優勝を特に狙っていたが、1500m、3000mの長距離での優勝は結構想定外だった。

 で、改めて今大会を振り返ってみると、11回目の優勝は凄い事だと思うようになった。 

 もちろん初めて優勝した時も、昨年の10回目の時も格別な思いで、それらが一番の思い出だろうと思っていたが、年々確実に優勝する確率は減ってきている訳で、それを跳ね除けて優勝する事の難しさは自分が一番良く分かっているつもり。だからこそ、それを成し遂げた事は十分良くやったと思う。報道のインタビューの時、もっと熱い思いを話しておけば良かった。

 それにしても、今大会一番ビックリしたのは3000mの優勝。僕は総合優勝を決めていて、他の選手は選考争いでけん制しあっていた為、心に余裕があった事が一番の勝因だと思うけど、この種目で優勝したのが最後いつだったか思い出せない。。。2001年だったような、もうちょっと後にも優勝した事があるような。

 試合後の楽しみである、コーラをガブガブ飲みながら、昔の事を思い出したりしてみた。


2月21日(木) 今日から野辺山

 昨日から少し暖かくなり始めましたが、週末はまた一段と寒気が入ってきそう。

 週末は全日本選手権。昨年10度目の優勝を果たし、二桁の大台に乗せた。それなりに自分にプレッシャーをかけ、それを跳ね除けた。今年はワールドカップにフル参戦し、かなり精神的にも、肉体的にも追い詰められたところにきている。選手権が終わると、すぐに世界選手権と日程も迫っている為、今週はモチベーションを上げすぎず、うまく乗り切っていきたいと思う。

 今一番気になるのは、野辺山がどれくらい寒いかという事。この時期は雪も多いと思うし。リンクが寒いのが一番嫌だ(笑)。体が動かないし、寒すぎると筋肉が硬直して怪我にも繋がるから。暖房入っているのを望みます。

 さて、そろそろ出発です。


2月17日(日) 日曜日

 昨夜は名古屋も少し雪が降りましたが、今日は良い天気に恵まれています。まだまだ寒いですが。。。

 今日は日曜日。何か、久しぶりにゆっくりしている気がします。

 朝から洗濯機を回し、昨日汚れた車をスタンドへ持っていって洗車。少し自転車を漕ぎ、汗をかいてからNHKのど自慢を見ながら昼食。インスタントの塩ラーメンを堪能。これに卵を入れて食べるのが好き。

 さて、洗濯物を入れ込んだら少しドライブへ行こう。きっと最高の気分転換になるだろう。


2月15日(金)

 夜8時が、ソルトレークで朝の4時。昨日の氷上練習の時もそうだったけど、この夜8時前後が一番眠い。帰国してから3日経つが、未だ時差ボケが治らない。まずは、これと格闘しないと次の試合で戦える状態にならないからね。

 疲労が残っているせいか、まだまだ本調子ではないけど、ゆっくり休みすぎず今日と明日はある程度筋肉に刺激を与えようと思っている。

 夕方は3週間ぶりにウェイトトレーニング。自分では体が重く感じ、とてもキレのある動きができるイメージが沸かないのだけど、ところがどっこい、実際運動を始めると思ったよりも動きが良いのである。つい先日、表彰台&日本記録を更新したから、もちろん状態が良くないと結果がでる事もないだろうけど、おそらくギリギリの緊張感(状態)で心身共に維持していると思う。この一線をちょっとでも越えると、体調も含め一気に崩壊するところにいると思うから、今後特に気をつけていこう。

 それにしても寒い。今日のお昼は仕事で岐阜の方へ行ったのだけど、その帰り際に結構雪が降って、僕の車はノーマルタイヤだから、積もられたらやばかったかも。風邪には気をつけましょう。

 明日起きたら、間違えなく筋肉痛だな。


2月11日(月) 日本記録ラッシュ

 昨日で、W杯の最終戦が終了しました。

 最終日は1000mとリレーでしたが、1000mは準々決勝で敗退し9位。しかしながら、昨日の500mに引き続き自分の持つ日本記録を更新。

 1分26秒706 → 1分25秒325

 一気に1秒4も更新しました。それにしても、かなりの高速リンクですが、誰でも速く滑れる訳ではなく、それなりの技術が必要でなければタイムが出ないという事も分かりました。

 リレーに関しては、B決勝で2位以内(総合で6位)に入らないと世界選手権の切符が得られないという背水の陣でしたが、先頭を行くカナダには敗れたものの、何とか2位を死守し、最後の最後で良い成果が出ました。

 試合後はバンケットがなかったので、皆で日本食レストランへ。ビールも飲みました。疲れていたからか、すぐに酔っ払いヘトヘトでした。

 さて、帰国に向けてホテルを出発します。


2月9日(土) 500mで銅メダル獲得!!!

 まさか一日に2回も日記を書く事になるとは。

 ワールドカップ第6戦(最終戦)、USAソルトレーク大会。本日行われた男子500mにおいて、第3戦に引き続き銅メダルを獲得しました。午前中の日記に書いた通り、高速でのバトルとなりました。

 準々決勝においては、ちょうど3年ぶりに自分の持つ日本記録を更新。スタートから3周をトップで滑った結果なので、自分としてはかなり納得。

 500mのような短距離において、一気にコンマ4更新するのは、かなり凄い事だと思います。

 先日の日記も書きましたが、今シーズンは一番水物と言われる500mにおいて安定した成績を残す事ができています。しかも、一シーズンで2度も表彰台に上がるのは何年ぶりなのか、記憶を辿ってもすぐに出てきません。

 今日は前へ前へという、積極的な姿勢が良かったと思います。

 特に記録を出した準々決勝においては、スタートで前に出たら着順よりも、記録を狙っていこうとハッキリ意識していました。

 また僕以外でも1500mにおいて、男子の田上真一選手。女子の桜井美馬選手が日本記録を更新。凄い事です。明日も記録ラッシュに沸くかもしれません。

 明日の1000mとリレーで、もう一踏ん張りです。

 帰国したら、お爺ちゃんに良い報告ができます。


2月9日(土) 日本記録樹立

 今日は試合2日目。ちょうどお昼前に日記を書いています。

 本日の試合は夕方6時からなので、それまではのんびりできます。昨年からのワールドカップの方式を簡単に説明しておくと、初日に全ての距離の予選を行います。そして、500m、1000mはベスト14まで。1500mは16名まで本戦の出場権を得ます。前者は2本勝ち抜け。後者は予選を通過できれば本戦へ。

 しかし、本戦に残れなかった選手は、試合当日の朝から敗者復活戦に回ります。これが本当に厄介で、短距離ならば予選、準々決勝、準決勝、決勝と行われ、決勝に進出した上位2名だけが、夜の本戦に進めます。なので初日は頑張って2本通過すれば本戦へ行けるのに、敗者復活戦へ回るとたくさん滑った挙句、本戦へ出場できるのがたった2名。疲れも取れないまま、夕方の本戦を迎える為、本当にタフな戦いになります。なので、いかに初日の予選会で通過する事が大切か分かります。なので、緊張感がかなりあります。

 さて、昨日は5000mリレーで日本記録が誕生しました。今までの記録を約2秒更新。 

 この記録は凄いものだと思います。実際滑っている途中から、本当に疲れましたから。 

 僕個人としては、1000mであと1000分の9秒。500mで10分の1秒日本記録に届きませんでした。氷は非常に滑るので、組み合わせとスケーティングが上手くはまれば、好記録も期待できます。

 リレーに関しては、日本チームのランキングが現在9位。このまま行くと世界選手権の出場権を得られません。何とか今回上位の順位を取って、ランキングを8位以内にしないといけない使命が。昨日の予選はかなりの緊張感がありましたが、それが好記録へとつながったので、今日も良い滑りをしたいと思います。


2月7日(木) 荷物が届き。。。

 昨日、水曜日の午後にようやく荷物が届きました。ほぼ3日間、ジーンズで過ごし続けたので、さすがに疲れました。

 早速荷物を整理して、衣類等をクローゼットや引き出しに入れ、スケート靴をセットしてようやくいつもの環境に。少し鈍った体を動かす為に、すぐに運動着に着替えて軽くランニング。近くにトヨタのディーラーがあり、北米専用車のSUVであるFJクルーザーやセコイヤ、そしてピックアップの戦略車だるタンドラを見てきた。国内には並行輸入を除いて流通していないので、全く馴染みの無い名前だと思いますが、全てランドクルーザー並みの大きさです。。。

 そして夜には氷上練習。かなり滑るとの前評判だったので楽しみにしていた。結果は。。。確かに滑るのだけど、同じような環境であるカナダのカルガリー(こちらも高速リンク)と比べると、ブレード(刃)の食いつきが甘く、安心して滑る事ができない。

 今日の練習ではそれが更に顕著になっていて、久しぶりに緊張感の高い氷。油断するとあっという間にマットへ直撃となる。感触はすこぶる悪いのだが、一周のラップは体感以上に速く、ちょっと変な感じ。上手くブレードが氷に食いつき、しっかりとはまれば、かなりの好タイムになる予感。久しぶりに日本記録も出したいなぁ。

 昨日から少しお腹の不調が出て心配だったが、ちょっとずつ回復してきたようだ。ワールドカップも今回が最終戦となるため、世界選手権への弾みとしたいところだ。


2月5日(火) W杯最終戦(第6戦)に向けて

 日記の更新が遅くなってしまいました。

 カナダの大会は結局

という結果でした。

 今シーズンは不思議なくらい500mの成績が安定していて、初戦以外は一桁台の順位をキープしています。W杯は今週末の大会が最終戦となる為、今回も上位進出を目指したいと思ってます。最終戦は、ソルトレークオリンピックのスピードスケートの会場である、オーバルの中にあるリンクで試合が行われる模様。スピードスケートの氷は世界屈指の高速リンクといわれている為、ショートのリンクも非常に期待が持てます。

 さて、今回はケベック(CAN)からソルトレーク(USA)の移動で初めての経験があり、テンヤワンヤで非常に疲れました。

 当初の予定から非常に乗換えが多く、

ケベック→モントリオール→シカゴ→ソルトレーク

だったのが、

モントリオール→シカゴのフライトがキャンセルに。

 その為シカゴへ行く為にトロント経由と更に遠回りとなってしまった。

 モントリオール→トロントと順調に飛行したが、何とトロント→シカゴがまたもや欠航。 

 結局その日は夜遅くなってしまった為、それ以上の飛行ができずトロントで宿泊する事に。日本の旅行会社にホテルの宿泊をお願いしたり、翌日のフライトを取り直したりで、結局ベッドに横になったのが夜11時。朝ホテルを出たのが7時だったから、16時間かけてトロントまでしか行けず。翌朝は4時に起床して、始発でシカゴへ。そして正午過ぎに、ようやくソルトレークへ到着しました。

 しかし、トラブルはこれでは終わらず、昨日シカゴ便の欠航が相次いだ為、シカゴ行きの荷物がグチャグチャになってしまい行方不明に。スケート靴だけは手持ちだった物の、ブレード(刃)は機内持ち込みできない為、もちろんユニフォームも運動着も運動靴も無い為、練習もできず。もちろん、着替えもなく・・・。今夜もホテルに届かなかったら、ジーンズで就寝だぁ。

 このまま本当に荷物が届くのか、かなり心配。パソコン&携帯の充電器もスーツケースの中だから、バッテリーが切れた時点で終了。 

 今のうちに日記を書いておこうと書いております。

 ソルトレークは2002年のオリンピック以来で、本当に久しぶり。今日は、今から日本食レストランへ行く予定で、ようやく美味しい物が食べれる!と期待してます。

バックナンバーに戻る
ホームに戻る