11月30日(金) W杯第4戦 イタリア・トリノ大会開幕

 10月1週目のW杯国内予選会から始まった今シーズン。この丸2ヶ月の間に試合が今大会含め6試合目。気力・体力共にもうガス欠エンプティーまできている。

 この勝ち上がり方式のショートトラックは1試合行うと、想像を超える疲れが出る。それは年齢的に年々きつくなってきているかもしれないけど、その疲れの凄さを知っているだけに、時に試合前からその疲労感を想像してしまう事さえある。

 今大会は自分の体調をコントロールするのが困難な程、体内のバランスが狂っているようだ。ほんの少し休みたいという気持ちがあるが、安堵な気持ちが自分の中に出来た瞬間、自分の力を発揮する前に勝負はついてしまう。勝負の中で誰と戦おうと”油断”なんて感じようものなら、自分のパフォーマンスは発揮できないであろう。

 先週の大会では500mで銅メダルを獲得できた一方で、1000mは本戦に進めなかった。一度その波に飲み込まれると、それが一つの流れになってしまうから、今回は何としても500、1000mの両方を金曜日の予選で本戦出場を決めたい気持ちは強かった。

 楽な組はどこにも存在しないので予選から全力。特に1000mは最後本当に足が動かなくなってからイタリアの選手と2位争い。今回は凌いで何とか両種目共本戦出場へ。この時ばかりは一瞬胸をなでおろした。。。

 イタリアに来てからはまるでロンドンにいるような霧と曇り空が多い。だが、晴れた日には気温も上がりとても気持ちよい陽気になる。イタリアへ来てから日が経つのが早い気がする。やはり僕はイタリアが好きなんだろうなぁ。イタリア語は挨拶程度しかできないけどね。


11月28日(水) オリンピック以来のトリノ

 月曜日にオランダからミラノ経由でトリノに到着しました。

 ミラノに到着したのが午後2時頃でしたが、外の日差しは強く、バスの中ではTシャツ1枚で過ごせる暖かさ。これじゃあトリノも相当温かいかと思ったが、到着した翌日からかなり冷え込んで、ようやく冬らしい気候を感じる事ができました。

 トリノへ来たのはオリンピック以来。さすがにあの当時の華やかさは街にから感じられないが、フィアットの本社がある工業都市。フィアットはもちろん、アルファロメオやランチアがたくさん走ってます。フェラーリやマセラッティ等の超エグゼクティブな車も見かけます。

 リンクは少々くたびれた感を少し感じたのが寂しいところ。昨日の氷は非常に酷く、氷の上に砂が散乱。当時ではそんな事一度も無かったが、しっかり整備されてなかったのだろう。アイスマンが昨夜改善してくれたようで、今日には大分マシになってました。

 さすがに疲れは残っていて、僕の場合刺激が強すぎる練習は避けるようにして、調整に徹してます。あとは少しスピードを上げて感覚だけ掴んでおこうと思ってます。先回は1000mで本戦に進めなかったから、今回はそれを克服したいと思う。

 さて、今日ようやく外食して日本レストランへ行きました。

 カツ丼かカツカレーを食べたいと思っていたけど、残念ながらお昼はランチメニューのみで、アラカルトはなくて残念。。。結局トリカツ定食(チキンカツとは記載されておらず)にしました。周りを見渡したけど、このメニューが一番良かったような。もちろんご飯はおかわりしました(笑

 明日1回練習して、もう明後日から試合が始まります。年内最後の国際大会なので、今回も積極的なレースをしたいと思います。

※続いてファッション日記←クリックしてください。ファッション日記へ飛びます。


11月25日(日) リレーでもメダル獲得!

 W杯オランダ大会最終日。

 ここまでの疲労で、今日はもう戦う足もなく、1000mは敗者復活戦、決勝3位で本戦に進めず(上位2人のみが本戦へ)。残念だけど仕方がない。

 その代わりというか、男子5000mリレーで日本チームが銅メダルと獲得しました! 

 厳しい戦いだっただけに、この結果は大変嬉しく思います。以前リレーでメダルを取ったのがイマイチいつか分からず。自分のHPを見てみると約3年ぶりかな?正確な情報は分からないけど、とにかく2日続けてのメダルは最高です。

 さて、明日トリノへ向けて移動します。飛行機に載せる荷物の制限が20kg。オランダまで来る時に成田で計測したら28kg。

 なかなか非現実的な数字だけど、オーバーチャージ1sにつき15ユーロ(約2,410円)だから、何が何でも極力減らさないと・・・。

 もう美味しい日本食が恋しくて仕方がないですね。


11月24日(土) 500m 銅メダル!!

 やりました!

 やってのけました!!

 500mで堂々3位。決勝に進出するのも、メダルを獲得したのも2005年2月のスロバキアで行われたW杯以来、2年9ヶ月ぶり。自分で言うのもなんだが、もちろんトップを狙っているのだけど、正直ここでメダルを取れるとは思わなかった。と言うのも、ここ最近は韓国とカナダが飛びぬけて強いから。それでも3位になった。上位に行きたい気持ちがそれくらい強かったのだろう。もちろん、気持ちだけでは結果は出ないけど、色々な事が今日は上手く噛み合った。

 W杯第3戦オランダ大会は2日目を迎えた。特別に調子が良いとは思わなかったが、キレもあったし組み合わせにも正直恵まれた。 

 決勝は韓国2人、カナダ1人、ベルギー1人の5名の勝負。スタートは4コースだったが、何とか3番手に入った。残り1周で4番手だったが、韓国選手が外へ膨らんだ隙にインに飛び込んで、最後のコーナーは思いっきりドリフトしながら3番手を死守。ゴールした瞬間、久しぶりに大きくガッツポーズが出た!

 飛び跳ねたいくらい嬉しいが、明日もレースが残っている為、喜ぶのは今日だけ。明日は気持ちを入れ替えて、勝負したい。しかも朝早くからの敗者復活戦。ゆっくり寝たい・・・。

 ちなみに、ゴールした後、嬉しすぎてコーチを思いっきりハイタッチをしたら、どうやら手首に思いっきり力がかかり、痛めたようだ。まあ、今日はよしとしよう。


11月21日(水) オランダだがね

 もの凄い柔らかいベットで腰が少し痛くなった。

 無事に月曜日の夕方、オランダ・スキポール空港に到着。今回はJAL機だったので、特に不便もなかったけど、久しぶりの(半年振り)長距離飛行に、座席の前後間ってこんなに狭かったっけ?と思うほど疲れた。エコノミークラスといえども、もう1、2万円追加しても良いから、もうちょっと何とかならんかと本気で思う。年々ホンマに移動が苦になってきた。

 オランダは見渡す限り平原が続き、山も全然ないからとても時間がゆっくり流れるように感じる。特に車に乗っている時はそう思った。相変わらずヨーロッパはすっきりした天気ではなく、曇りがほとんど。今朝もどんよりした曇り空で、今は少し雨がぱらついてきたようだ。近くのスーパーマーケットまで徒歩15分くらい。食料もないから今日は買出しに行きたいけど、先に言ったように雨がぱらついてきたから微妙なところ。食事は以前来た時と比べると、ホテルも違うから今のところまともに食べる事ができている。以前は本当に酷かったからね。まともに食べれたのがフライドポテトだったし。

 今シーズンもW杯が6戦行われるのだけど、1、2戦の中国、神戸は比較的都心にあったけど、ここオランダのヘレンベーンは、ネットで検索しても全くヒットしなかった。案の定、ダウンタウンは存在せず、バッチリスケート漬け。良いのか悪いのか。

 リンクは見た目滑りそうだったけど、実際はそうでもなく、更にオランダと言えば砂が氷上に乗っている事が多く、今回も例に漏れずという感じ。見た目は本当にキレイなんだけどね。

 時差ボケになりつつ、夜はなるべく早く寝ないように気をつけています。とは言っても、22時頃にはバッチリ眠たくなり、それから昨日は1時間弱粘りました。それでも結局9時間くらい寝たけどね。日本にいたら、こんなに長い時間眠る事はまず無いのに。

 今日の氷上は一番最後の20時から。それまでグッスリ寝ないように頑張ります☆


11月16日(金) 寒いし痛いし

 水曜日に野辺山へ移動し、昨日から本格的なトレーニング。初日は意外と暖かかった為、寒いとの予想から肩透かしを喰らったが、今日は一気に気温が下がり、ほんの少しだけど雪のようなものが舞っていた。普通に雪が降っても全然おかしくないくらい寒かった。。。

 野辺山での練習環境は非常に良い為、来週W杯があるとは思えない程、中身の濃いものになっている。個人的には試合続きで体がボロボロなだけに、あまり無理はしたくない。でも、練習が始まれば無理をしてしまう。こういうのを真面目というか分からないが、自分の性格だから仕方ない。

 基本は午前にスピードアップや距離、インターバル的な練習をし、午後はリレーがメイン。

 午後のリレーは氷が良い事もあり、練習としては良いタイムを連発。これが試合の悪い氷になれば全く話は別になってしまうが、傾向としては良い方向に向かっている。昨日の午後はリレーで一気に足を使った後にスタート練習をしたら、あろうことか足がもつれてエッジが氷に刺さり思いっきりお尻から落ちてぶつけた。今日は青タンになってしまっていた。痛い。。。

 それにしても、ここは周りに何も無いからリフレッシュする方法が無い。楽しみは近くのセブン−イレブンだけ。せめてカフェがあったら、雑誌を持っていってコーヒー飲みながらのんびりすると、僕はそれだけでも十分リフレッシュできるのだが。

 ここ最近DSのソフトでナムコミュージアムとコナミアーケードコレクションというのをやっている。これは全てが僕が小学生の頃にやっていたファミコンのゲームで、両方ともDSの性能を生かしてないアナログなゲームだけど、最近複雑になりすぎているゲームより余程楽しい。しかもすぐ終わるから深追いはしない(笑)ゲームで流れる音楽もサラウンドではなくて単音だし。初期の携帯電話のような音楽。 

 でも十分楽しい。おっと、もちろんTOEICのソフトも使わないと。

 日曜日に成田へ移動し、月曜日にオランダへ向けて出発。出発する前に日記を書く余裕があれば、また書きますね。


11月12日(月) 試合が終わり・・・

 福井県・敦賀市で行われた全日本選抜選手権大会。

 ギリギリになってモチベーションが上がり臨んだ大会。ちょっと不安があったように、神戸大会が終わってから上手く疲れを抜く事ができず、試合前夜に合宿中に感じるような疲れから来る睡魔に襲われ(21時とか、まだ普段は寝ない時間にね)、試合前日としてはあまり良い状態ではなかった。

 それは試合当日も変わらず、スピードはあるけどキレが無いという感じ。分かるかな? 

 スピードは出てるけど、動きが悪いと言った方が良いのか。まあ同じか。長距離から短距離までまんべんなく動きが悪く、特に1500mの準決勝が一番しんどかった。久しぶりに決勝に残れないかも!?と滑りながら不謹慎にも覚悟はしていた。でもギリギリ通過って感じだった。

 そうそう、まずは結果を報告しないと訳が分からなくなりますね。

 今の僕にとって、この大会で優勝する事はさほど重要ではなくなってきている。もちろん勝つ事はとても嬉しい。だけど、昔のように全部の試合勝つんだ!なんて試合に臨んでいたら、とても1シーズン持ちやしない。だから今の僕にとって総合優勝の価値を感じるのは全日本選手権だけ。この大会だけは僕の中で未だに別格です。ショートトラックの全日本チャンピオンは誰!?と聞かれれば、間違いなく全日本選手権の優勝者がそれにあたるからね。だから先シーズン、前人未到の二桁、10回目の優勝はどうしてもしたかったというのが本音。

 さて、話は戻って選抜。

 僕以外もW杯参加メンバーの動きは、総じてあまり良くなかったように感じた。選手団の多くは初めて母国での国際大会出場だった筈だから、余計に疲れを感じたのではないかな。僕でもかなり気合入ったからね(笑)。

 今大会、たくさんの大会記録が出たそう。僕の中では昨年の方がより滑りやすかった記憶もあるが、試合が進むに連れてどんどん氷の状態が改善されていて良かったと思います。

 ただ一点。観客席が全然足りない為、長時間立ち見でいらっしゃる方もたくさんいました。あの寒さで立っての観戦はとても辛かったと思います。ショートトラックの人気がもっと上がれば、こういった件は嬉しい悲鳴になりますが、まずはいつも見に来て下さる方々を大切にする事も大事だと個人的に思いました。

 水曜日から野辺山で事前合宿。は、早い・・・。

※続いてファッション日記←クリックしてください。ファッション日記へ飛びます。


11月9日(金) 試合始まる

 明日から福井県・敦賀市にて、全日本選抜選手権が始まる。

 僕にとって今年最初の国内公式試合である。今日は練習にも関わらず、地元TVがニュースにて生中継。地元のこの試合に対する意気込みが凄く伝わってきた。最近フィギュアを筆頭にスケート人気は高まっていると思うが、この北陸地方では大会も選手も少ないのが現状。これが少しでも改善されれば、もっと競技人口が増えるだろう。もちろん観戦するお客さんも多くなる。

 前々から書いている通り、厳しい国際大会が続いた為、モチベーションの維持がとても大変だった。まだまだ上がりきってない感じはするが、どうにか試合に対して戦える気持ちが整ってきた感じ。次のW杯に向けて、この期間は強化練習をしたいところだけど、試合で戦ってその分を埋め合わせていこうと思う。

 今日は氷が重く少し疲れが出た。夕食を食べ終えて部屋に戻ったら、いつの間にか少し眠ってしまっていた。明日に向けて早く寝よう。そうそう、寝る前にiPodを充電しないとね。


11月3日(土) 試合

 W杯が終わって数日。

 まだまだ疲れが取れず、中途半端な体の状況で毎日がはがゆい。しっかり練習も全部休んでゆっくりすれば、きっと疲れが取れるのだろうけど、試合が続くこの時期ではなかなか難しい。かと言って練習しても体のキレが全然ない。

 ん〜、なんかスッキリしないなぁ〜。

 今週では特に金曜日がしんどく、普通に生活していても疲労感ドップリで、筋肉痛といった部類ならこの部分が疲れていると分かるんだけど、体全体がちょっとおかしい感じ。ずっとゆっくり寝ていたいと体が言っているようだ。

 さて、今日からモリコロパーク(愛・地球博の長久手会場)で西日本選手権が始まった。この大会にエントリーはしたのだけど、W杯出場者は試合免除。自動的に来週の全日本選抜へ推薦される。もし今週試合があったら、全然モチベーションが上がってなかっただろうなぁ。。。

 一緒に練習している後輩がたくさん出場している為、午後から応援に行った。納得のいく結果を出した選手、そうでない選手がいたかもしれないが、真剣勝負というのは、やはり良いね。特に女子500mで優勝した後輩は本当に良くやった。怪我もあったけど、良く乗り越えたね。でも、本当の戦いはこれから。是非もう一ランク上でも対等に戦えるようになって欲しい。

 自分が滑ってないから別に疲労も無いだろうと思うかもしれないが、ハラハラするレースばかり見ていると自分が滑っているより疲れる気がする。気のせいか!?さすがにここ最近試合が続いていたから、人のレース観ているだけで、毎週試合をしているようで精神的に疲れる。この先のスケジュールを見ると、今月まともに休める週末は明日の日曜日だけ。いつリラックスする時間があるのかな(笑

 試合後は氷上練習。試合を終えたら自分も試合が終わったよう気になって、どっと疲れが出た。だから練習しても何だか体が重い。試合を見てその後練習。とても変な感じだった。

バックナンバーに戻る
ホームに戻る