12月30日(金) 初優勝

 昨日スケルトンの稲田選手から電話があった。全日本選手権で初優勝したとの事だった。自分の事のように喜んだ。彼とはソルトレークオリンピック以来の付き合いで、昨年からは夏場の1週間くらい僕の家に泊まりながら一緒に強化練習をしている。室伏さんとも一緒に練習した。

 昨年の全日本選手権で彼は一本目1位になりながら、2本目タイムを気にしすぎて優勝を逃した。今回も1本目首位に立ったが、その後が全然違った。タイムと戦ったのではなく自分と戦った。これは室伏選手からアドバイスをもらったようだ。今季の序盤は成績に苦しんでいて、現地から何度かメールが来た。参考になったか分からないけど、少しでも役に立てる事ができればと思った。

 で、思った事がある。僕が初めてオリンピックに出た94年のリレハンメルオリンピック。その時の選考会である全日本選手権で初優勝してオリンピックのチケットを手に入れた。弱冠18歳であった。最終選考会は非常に緊張するものだけど、その時は「優勝してオリンピックへ行きたい!」と思ったもの。だからとにかく攻めまくった。

 稲田選手にも試合前の電話からその気持ちが伝わってきた。夏場練習していた時も今年は絶対優勝すると言っていた。若い選手はそれぐらいの気持ちが必須だと思う。

 ショートの選考対象は距離別選手権と全日本選手権の2回。最初の距離別の時にはみんなゼロ点スタートだからとにかく一つでも順位を上げたい。優勝したるという気持ちがバシバシ伝わってきた。だからどのレースもかなり激しいものがあったし、優勝した2種目(500、1500m)もギリギリの勝利だった。しかし全日本選手権では一部の選手を除いて、今持っている点数を何とか維持して・・・。という感じがするレースが多かった気がする。普段ならもっと積極的にレースをする選手も、番手に回って確実にポイントを取りたいと。1位はいらないから・・・、みたいな。

 何かの言葉ではないけど、攻めている時が同時に最大の防御で、2位で良いからと思ってレースをしていると、4位、5位とかで終わってしまう事が多い。4番目、5番目で代表に選ばれたいと思うのではなく、トップで行ったる!くらいの気持ちを持つ選手がドンドン出て欲しい。そういった選手は長い間、代表として活躍できると思う。

 そんな事を稲田選手から電話をもらって、新聞等を見ていたら思った。

 さて今日から野辺山です。風が強くて無茶苦茶寒い。明日は足の状態を見ながら練習を進めていきたい。


12月28日(水)

 久しぶりに名古屋に戻ってきました。

 トリノはオリンピックやる地だから、さすがに寒いなあと思っていたけど、日本も全然負けてない(?)くらい寒い。かなり寒くない?やっぱり冬だから。寒がりな僕にとっては辛い時期だけど、でもシーズン真っ只中。先日行ったオリンピック会場は比較的暖かかったから、これだけでも大助かりだね。

 さて足首に状態だけど、ちと悪い方向だったので。帰国してからすぐにドクターにチェックしてもらい、処置もしてもらった。で、明後日からまた野辺山で合宿だけど、それまでは完全に運動禁止。良いのか悪いのか分らないけど、思い切って休むのも良いかも。そうでもしないと、オリンピックまでまとまった休みは全然無いからね。だから毎日歯がゆい日々を送ってます。我慢、我慢。

 今夜は中京大学関係の練習仲間(スケート部ではなく)とBBQ。さすがに外は寒かった。でも美味しいお肉とお魚。豚汁にフルーツとどれも最高。そしてサプライズな事に、トリノオリンピックの激励もして頂きました。何と嬉しいこと。これで更にがんばれそうです。写真を撮ったので、また近い内にアップしたいと思います。


12月24日(土) トリノもクリスマス一色

 強行スケジュールだけど、トリノで練習をして3日目。今日の午前中で練習の日程を終えた。普段からどこかのリンクと似ている感じするという印象は持たないけど、今回の氷は固めで水分が結構少なめ。お湯を滑るところに撒いてもすぐに乾いてしまう感じ。僕はどちらかというともう少しウェット感が強い方が好きだけど、実際オリンピックの時になって観客がたくさん入ったりして室内温度が上がるとまた違った状況になると思う。今回はあくまで参考程度にして、基本的にはどんな氷でも滑れるように仕上げたいと思ったのが本音かな。

 時差ボケ&試合の疲れもあって、なかなかいつも通りの練習とはいかないけど、最終日の今日はそれなりの動きをする事ができたんじゃないかな。まだまだ右足首の腫れが引かないから、今回の調子は本来とは程遠い。右足首に触れたついでに。状況は残念ながら良くなっておらず、こちらにきて滑るようになってからバンドエイドにたくさん血が染み付くような状態になってしまった。先日の全日本選手権が終わってから抜糸をしたのだけど、それから飛行機の移動があったりして意外と負荷がかかってしまったみたい。痛みも少し増してきて正直少し不安だけど、帰国したら一度ドクターに診てもらい、必要であれば再度縫った方が良いかもしれない。早く解決したいね。

 さて今回は街の中心部で、駅の傍のホテルに宿泊しています。だからショッピング街がすぐ近くにあり、午後からみんなで出かけてきました。今日は週末でクリスマスイブという事も、たくさんの人々がショッピングに励んでいた。僕も負けなかったけど(笑)。夕方になるとクリスマスを彩ったネオンがあちこちに点灯してとても綺麗だった。僕らも今夜はみんなでクリスマスディナーに出かけるそう。何が食べれるか今から楽しみ。ちなみに昨日も今日も昼食は男子チームでピッツァを食べに。本場はどのお店に入っても美味しいね。

 明日帰国と来たばかりだけど、雰囲気だけでも十分肌で感じられたかな。強行スケジュールだったから最初はどうなるかと思ったけど、期待以上の合宿になったと思う。

 さて帰国したら次は野辺山合宿から再開だ。


12月20日(火) 全日本選手権を終えて

 試合日程が過密で、更に昨日は夜遅く帰宅した為結果報告が遅くなってしまいました。申し訳ありません。

 既に記者会見等で話した事も多いけど改めて。今回は良い意味で本当にタイミングがあった。試合前日までは足首の腫れが治療で一旦は良くなっても感覚的にイメージと合わないし、時間が経つと明らかに腫れが戻っていた。だから滑っているようで滑っていない。地に足が着いていない状態だった。例えば違う選手のブレード(もしくはスケート靴)を借りて、いきなり滑っている感覚。だからいつものような重心移動をしたとしても、イメージ通りについてきてくれなかった。

 試合当日は奇跡的に腫れがスッーと引いてくれた。2日間とも。違和感はあったけど痛みは少し和らいでくれた。

 怪我をしたからといって、その怪我に支配されるのではなく、この状況で最大限力を発揮できるのはどうしたら(スケーティング、タイミング、ペース配分、スパートのタイミング等)いいか、一生懸命考える事。それがプラスに働いたと思う。怪我したから「何て俺は運が悪いんだ」と思ったらそこで終わっていたね。おそらく。究極のプラス思考が自分自身を救ってくれた。

 紙面でも書かれていたと思うけど、試合前の状況では表彰台はおろか、何とか一つでも決勝に残れれば・・・と思っていただけに、1500mに続いて500mでも優勝した時には朝青龍関と同じか分からないけど目頭が熱くなった。どうだろう。初めて総合優勝した時の感覚かなぁ。

 1000mは優勝しか代表の道は無いと自分で断言していただけに、優勝は本当に大きな収穫。何の異論もなく、やっぱり気持ち良く代表に選ばれたいし、送り出されたい。今回の試合の最大の目標に掲げていたから、ホッとしたの一言。レース前の自分に対する問いかけは、もうそれはそれは大変だった(笑)。

 初日には職場や同期等、応援団が寒い会場に足を運んでくれた。僕が練習や試合に行っている間、一生懸命仕事をして下さっているから、僕は安心してスケートに打ち込めることができる。本当に感謝しています。もちろんコーチの方々やトレーナー、ドクターの皆様にも。その中で総合優勝する事ができた事はとても誇りに思います。

 いつの間にか9度目の総合優勝。男女通して単独トップの回数。とうとう偉大な先輩方を超える事ができた。こんな話するのは早いけど、来年はどうなるか分からない。1000mの決勝の時はこれが最後の全日本のレースになるかも・・・という思いが自然と沸いてきて、更に気持ちが高ぶった。と言いながら、30歳までスケートやっているけど(笑)。やれる限りやりたい。これ本望。

 今名古屋と大阪・難波を結ぶ近鉄のアーバンライナーの車中。明日の朝の便で関西空港からトリノへ合宿出発へする為。昨夜は試合の荷物を片付けていて寝たのが2時くらい。今朝は会社に報告へ行く為に6時過ぎには起きた。そして帰宅してから洗濯したりとトリノ合宿の準備。もう気持ちだけで体が持ってる感じ。いつでも体調崩せる用意万端。

 今朝起きたら足首がかなり痛んだ。試合中は緊張感と痛み止めの薬のお陰で、かなり痛みが和らいでいたと気付かされた。まだ通過点だけど9月のW杯選考会から全く休みがなかった。ここで緊張の糸が切れてはいけないが、心は少しリラックスさせてあげたい。今回の合宿は強化ではなく、その場所と共存する事を第一の目標にしたい。


12月16日(金) 経過報告

 オリンピック選考会を兼ねた全日本選手権がいよいよ明後日から。今夜の公式練習を終え、あと1度の練習のみとなった。

 先日も気持ちをお伝えしたように、試合には出場します。どれぐらい回復したかと表現するのは難しいけど、先日の距離別選手権と比べ80−85%くらいの状態といったところか。ネックになているのが傷口よりも、その影響によるくるぶし周辺の腫れ。今日まではまともに靴に足が入ってないから、滑っていても感覚が大きくずれている。

 試合結果がどうであれ、出場までこぎつけることができたのは良かった。この怪我をしてからの数日間でドクター、トレーナーを含めたくさんの方々にサポートされてきました。これには感謝の気持ちで一杯です。あとは試合で出来る範囲で最善を尽くすことが僕の役目だと思っています。


12月13日(火) お知らせ

 少し残念なご報告です。

 昨日の練習中に転倒。自分のブレードで右足首(内側)を受傷してしまいました。傷口は約3cm。深さは不明。すぐに救急車で運ばれた為、到着後迅速に処置して頂きました。幸い骨には異常なく、神経もつながっているようです。傷口は3針縫って塞ぎました。

 これからもう一度病院へ行き、傷口が化膿していないかチェックしてきます。

 大事な最終選考会を目前に控えての怪我は何とも言いがたい心境ですが、何とか試合に出られるように最大限の努力をしたいと思います。試合を楽しみにしていた方々には大変申し訳なく、どこまでパフォーマンスが発揮できるか分かりませんが、少なくともリンクには立ちたいと思ってます。

 暗いニュースですが、僕は至って精神的にも奮起しております。

 こういった時こそ、踏ん張れるかどうかが選手としての力量が問われる所。僕は腐らないから大丈夫です。意外とアクシデントがあった時こそ、真の力が出たりしてね。僕はそれが楽しみです。


12月12日(月)

 昨日から一気に愛知県も寒くなってきた。夜は早々と霜が降りていたし、今朝は実家周辺は雪が舞って・・・。本当に冬本番という感じ。

 週末は土曜日まで通常練習。午前中に本当に久しぶりのウェイトトレーニングをした。かなり軽めにね。それでも夜の氷上練習の時はすっかり影響が出てしまい、もうそれはそれは全然キレのない体でした(笑)。でもあえて刺激を与えて少し多めに疲労をさせたかったから、丁度良いかもね。今日からの練習はどちらかというと調整をメインにおいて、少し刺激を与えつつ疲れすぎないようにしていきたい。

 そして日曜は久しぶりに湯谷温泉(愛知県新城市)へ行ってきた。もちろん友人がいる「はづ」へ。今回温泉は「はづ別館」で入り、夕食は「はづ木」の薬膳料理。う〜ん、とても良い湯で体がほぐれたし、食事も格別に美味しかったなぁ。帰り道は既に凍結が始まってそうでかなり怖かった。。。

 そうそう話は全然違うけど、TVドラマをここ数年は見たことなかったけど、最近TBS系列の「花より男子」にはまってる。と言っても、初回から3話くらい見れたけど、そこから海外遠征が始まってしまった為、飛び飛びに。だから一旦見るのをやめて何かの機会に一気に最終話まで見たいと思ってる。こういうのってレンタルとか出るのかなぁ。見ていて妙に爽快なドラマと言う印象。言葉遣いが時々ぶっ飛んでるけど(笑)。

 では夜練習に行ってきます。帰るまで雪が降らなければ良いけど・・・。


12月9日(金) いつもの生活

 距離別選手権が終わってから2週間で全日本選手権だけど、ここ最近は海外から帰国してから2週間周期の試合が多かった。だけど日本で試合をして、また日本だと移動の分少し日にちが稼げる。だから、今回は若干時間的にゆとりがある気がする。全日本が通常の土・日開催ではなく、日・月開催だから余計だろうね。

 週の前半は休養も含めて少し体を回復させた。週後半はいつも通りの練習に近づけようとしているが、まだまだキレが戻ってきていない。瞬間瞬間は良いのだけ、トータルすると・・・。地元名古屋のリンクはここ数年の中では一番滑る状態となっているから、練習をしていてもとてもやりがいがある。やっぱりイメージ通りもしくはそれ以上のLAP(スピード)が出た方が気分的にもやりやすいし、フォームもしっかりと固まってくる。明日はもう一段階負荷を上げて、少し体を意図的に疲れさせる予定。その分来週はしっかりと調整に入りたい。

 さて、今日の練習帰りには久しぶり(と言っても2週間ぶり!?)にカレーハウスCoCo壱番屋に寄って来た。正直特段美味しい訳ではないけど、特に最近カレーが好きだからついつい寄りたくなる。今日はから揚げカレーに野菜とガーリックをミックス。好きだったフィッシュフライがメニューから外れたのが残念。

 師走と言われただでさえバタバタする年末だけど、オリンピックイヤーの今シーズンは特に忙しいね。年賀状も書きたいし、大掃除もしたいし。なかなか私生活は思い通りにいかない(笑)。


12月6日(火) 報告遅くなりました

 全日本距離別最終日は1000m。

 そう、オリンピックに出場できるのは、たった一人。1枠しかないのですよね。だから優勝目指して戦ったんだけど、結果はご存知の通り残念ながら他の選手と接触してしまい、転倒してしまった。でも優勝を狙ったレースでの出来事だから後悔なし。

 やっぱり選手としてはずっと攻め続きたいですからね。次の全日本選手権では絶対優勝するつもりでがんばるよ!

 ところで日曜日は全国的に冷え込んだと思うけど、長野は凄かった。前日まで雪は降ってなかったのだけど、その日は試合が始まった頃から雪が降り出して・・・。帰る頃にはとっくに本降りで、もう道には10cm程積雪が。僕は父のRAV4(スタッドレス+4WD)を借りていったから、それ程不安なく走行できたけど、突然の雪だったからノーマルタイヤの人も多いわけで。高速乗るまでは遅い車がたくさんいて20kmくらいのノロノロ運転。高速も途中までは吹雪でスピードも出せず、試合終わってから240kmの行程を一人で運転して帰って訳だから、もうかなりグッタリです。

 レースで転倒した時に右のお尻側部を打撲して少々不安。筋肉は久しぶりに超疲れてます。なかなか体が練習を再開したがらないけど、来週末には全日本選手権もあるし大変だ。


12月3日(土) 1000分の2秒差

 大会2日目は500m。

 昨日エッジング(他の選手のブレードと自分のブレードが接触)し、昨夜と今日で約2時間くらいブレードを研いだ為、ウォーミングアップの時の感触がイマイチだった。長い時間ブレードを研ぐと、微妙にロック(R)が変わってくる。だから氷とブレードの接地点が微妙に変わるから足に伝わってくる感触も変わってくる。かなり微妙なんだよね。だから最終調整をしっかりする為に、ウォーミングアップ、そして予選が終わってからと各1回ずつ研いだ。最終的には良い感覚になったと思います。

 さて今日の500m。体の動きは昨日よりも少し切れる感じだった。しかし、500mは予選から激戦で全く気を抜けない。だからずっと必死。特にスタートが外になった時は。で、その決勝。予選1コース。準々決勝4コース。準決勝1コース。はい、きました。決勝は4コース。さすがに厳しいと思ったね。スタートが速い選手ばかりだから、結局4番手。途中で3番手に上がる事ができたけど、これ以上は・・・と滑りながら考えていた。でも一つでも上の順位をと思ってラスト1周で大外からとにかく全力で行った。予想以上に善戦してゴール前で西谷選手と並ぶところまで行ったから、最後はとにかくブレードを前に出した。

 ゴールした瞬間は全くの同着だと思った。僕が微妙と言う意味で横に手を広げたんだけど、それを勝ったと確信したポーズと思う人もいて・・・。結果は1000分の2秒。これってどのくらいの差だろう。ほんとに数センチ?数ミリ??僕の中ではかなり歴史に残るレースだったと思う。でも、正確にはあまりレースって憶えてないんだよね。その時は分かっていても、ゴールした瞬間記憶がぶっ飛ぶ感覚。

 でも余韻に浸る場合でもなく、喜ぶのは表彰式まで。まだ明日1000mがあるし(しかもオリンピックは1枠!)、一つでも順位を上げないとね。

 ここまで支えてくれた方々に改めて感謝の気持ちで一杯です。僕一人ではここまでこれなかった。恩返しの為にも、順位も大切だし、自分らしいスケーティングを心がけていきたいと思います。超寒い中、観戦に来られた方々もご苦労様でした。明日もよろしくお願いします。


12月2日(金) 大会初日

 オリンピックの代表選考会を兼ねた全日本距離別大会が今日から始まった。初日は1500m。

 まだ遠征の疲れが抜けきっていないのか、直前の練習でがんばったのかコンディショニングが上手くいかなかったようだ。試合開始から足が重く苦しい展開だった。決勝まで何とか辿り着いたものの状態は良くなかったが、とにかく積極的にいくようにした。結果として優勝する事ができました!昨日言ったように良い結果を報告できて良かった☆この状態で優勝できた事は本当に大きな収穫だと思う。

 明日の500mも積極的に!


12月1日(木) もう師走

 つい最近まで試合していたと思ったら、もう明日から国内戦がはじまります。しかもオリンピック選考会という大事な試合。

 まだ股関節炎と風邪が気になりますが、スケーティング自体はボチボチといった感じ。スタート練習は痛みもあって全然やってなかったけど、今日は先日の試合以来始めて軽くやっておきました。若干違和感があるものの、当時と比べたらだいぶ良くなった感触かな。

 それにしても、野辺山はかなり寒くなってきた。夕方なのに(17時過ぎ)、もう車には霜が下り始めていた。夜はなかなか外に出る気にはならないなあ〜。外気温がそんなんだから、リンクなんてもう寒くて寒くて・・・。

 どうなるか分からないけど、明日からの試合がんばらなくちゃね。みなさんに良い結果を報告できるように、今のパフォーマンスを発揮しないとね。

バックナンバーに戻る
ホームに戻る