3月25日(金) もうすぐ4月なのに。。。

 本当に寒いですねえ。豊田市でも昼間に雪が降りました。オフィスにいたので降っているのは実際見ていませんが、夜になっても空には雪雲のようなどんよりとした雲がとても気になります。

 今サッカーのW杯予選をTVで見てますが、オリンピックとはまた違った大きな盛り上がりが凄いですね。あまりサッカーは詳しくないけど、やはりスポーツは見ていてとても興奮する。自分がまるで会場で試合をしているような鳥肌も時々立ちますね。今前半が終わったところだけど、是非とも勝って欲しい。

 世界選手権が終わってから2週間も経過してないのに、試合をしたのが随分前のように感じる。


3月23日(水) あれれ・・・

 今日は雨が降った為、花粉はさほど飛んでおらずある程度快適に過ごせました。相変わらず寒暖の差が激しく、風邪なのか花粉なのか良く分からない症状が続いています。

 今日はおおよそ10日ぶりに氷に乗りました。今週末のJr.の試合が終わると、今シーズン全ての日程が終了する為、5,6月まで氷の上に乗れなくなってしまう。しばらく氷の乗れなくなる前にスケーティングの感触を確かめておきたかったのと、新しいスケート靴が到着したので、一度履いておきたかった。しかしながら、約10日間滑らなかっただけど凄い体がギクシャクしていた。ただでさえスケーティングは上手くないのに、今日はそれを超越していたよ。毎年シーズン始めは苦労するが、何となくあの感覚が甦った(笑)

 後半新しい靴に履き替えた。家では履いていたが氷の上に乗るのは初めて。今使っているのと同じアメリカ製のブーツだが、1年半くらい前に作った時には、足のいたる部分が靴に当たって痛くて最初は滑れなかった。今回は靴に足を入れる時こそ少し痛んだが、中に入れればすんなりだった。滑る前は気にならなかったが、氷に乗ったら。。。右の先端がブカブカじゃないですか!!!コーナーを一歩蹴る度に、明らかに中で動いてます。こりゃあ早速メールして対策を考えないと。でも収穫が一つ。今の靴に変えてから全体的な少しフィット感がイメージと違っていた為、今回発注する時に一つだけメーカーに○○して欲しいと注文した。それが結構イメージに近い感触で、もしかしたら非常に良いかも。ただ、今日1度しか滑ってないしスピードも上げてないから、徐々に問題点が浮き彫りになってくるかもしれないけどね。

 練習帰りにはまたココイチでカレーを食べてきた。帰国してから何度カレーを口にした事か。一週間に1度は食べないと気が済まないんだよね。多分明日の昼食も社員食堂でお気に入りのカレーうどんを食べるんだろうなあ。。。ちなみに社食のカレーうどんは本格的ではなく、どちらかというと給食の時の味に似てるから僕は好きなんだよねえ。


3月22日(火) 受賞されたのは・・・

 ページトップに掲載した記念品。

 これは先日北京で行われた世界選手権で受賞されたもの。A4大の大きさで、かなり重さがあり造りもとてもしっかりしています。北京で世界選手権が開催されたのは93年に続いて2回目。ちょうど僕が初めて代表に選ばれたのも、93年ここ北京でした。

 中国スケート連盟はこの2回ともに代表として選ばれた選手をClosing Banquetの席上で表彰しました。僕を含めて4名です。男子は僕の他に李佳軍(CHN)。女性ではアテネ五輪に自転車競技でも参加したRADANOVA(BUL)、そしてTANIA(CAN)。みな往年の名選手です。

 13年間も世界で戦っている選手がいるというのは、とても素晴らしいことだと思います。しかし4名とは意外と少ないように思いました。あの当時戦った選手は本当に少なくなったんだなあと実感。でも僕にとっては全然長く感じないのが本音。まだまだ滑り続けていきたい。


3月19日(土)

 全試合が終わった為、練習以外の行事にも参加しています。

 で、昨夜は会社の歓送迎会。ざっと4、50名くらい参加のなかなか大きな飲み会でした。普段のシーズン中はほとんどお酒を飲むことがなく、本当に飲まない時は平気で1ヶ月なんてあります。もともとお酒は強い方ではありませんが、こう何というかみんなでワイワイやるのが好きで(もちろん静かに飲むのも好きですが)、ついつい飲みすぎてしまう傾向があるようです。昨日も例に漏れず僕の中ではたくさん飲んで、最後の方は全然アルコールを受け付けなくなってしまった。多分、今週は何度か飲む機会があったから、体もついてこなかったんだろう。

 花粉症が本格的になってきました。特に帰国してからは今日は一番酷く、クシャミの連続記録6を樹立しました。本当に面白いくらいクシャミが出て、目は涙でウルウルでした。何とかならないものだろうか。

 ちょっと散乱している部屋を何とか片付けなくてはと思ってます。CDもラックに入りきらず、50枚くらい山積状態。明日昼間時間あればCDラック買いに行きたいと思ってますが、なかなか部屋のイメージに合う物がなく、今もっているのと同じ物が欲しいけど、どこで買ったのか全く記憶が無い。。。


3月17日(木) TV放送のお知らせ(東海地区)

 今日はTV放送のお知らせです。

 19日(土)24:30より、メ〜テレ(テレ朝系)の「光る!スポーツ研究所」内の数分間特集されます。ご存知かもしれませんが、司会は伊集院光さんです。

 残念ながら全国ネットではありません。急遽番組構成上、変更や延期になる場合があるかもしれませんので、その場合はご了承下さい。


3月16日(水) 休みの間も

 世界選手権が終わり、シーズンとしては一区切りつきました。

 昨年は怪我もあり、2ヶ月以上完全に何も練習ができなかった時期ですが、今年は休みも程々にして(さすがに2ヶ月も休まない)、練習を再開しようと思ってます。

 オフに入ったので、スケートの事は何にも考えたくない!!と、なりそうな勢いですが。。。早速今日は大阪に行ってきました。僕はデサント社のスケートスーツを使ってますが、ちょうど来シーズン冬物の展示会が今日大阪であったので、来シーズンのユニフォームの相談を含め行ってきました。昨年も試合用以外にもユニフォームを作りましたが、今年も色々と模索中。チーム用は2シーズン変わってないので、みんな要望もあり新しいのを作ろうかと思ってます。僕は年明けの試合から、怪我の事も考えケプラー素材を織り込んだインナーウェアーを着ました。もともとこのインナーウェアーをアウターのスケートスーツに着る事を完全に想定してなかったので、今回はワンサイズ(正確には半サイズですが)大きくしようと思ってます。インナーの厚みの分、どうしても少し体に圧迫感があったので。最終的には慣れてそれ程問題ではなかったですが。

 それから今シーズンの結果含め、来シーズンどのような練習時間を取るのか人事部とも相談しなければなりません。僕は元々資料作りが得意な方ではありませんが、A4で2枚くらいの計画案を作る予定です。昨シーズンは個人的な合宿へ行くのに有給で対応してましたが、残りもそんなにある訳ではないので。。。

 細かい事は色々あるかもしれませんが、リフレッシュする時はしっかりしておきたいと思います。


3月13日(日) 1000m 第5位

 世界選手権最終日。僕にとっては今シーズン最後の大会となりました。今日は男女1000m、3000m、リレー決勝が行われた。

 不完全燃焼だった昨日の借りを返すべく、今日は予備予選から落ち着きを取り戻したスケーティングに徹する事を心がけました。さすがにオリンピック1年前ということであって、各国の選手が着実に力をつけてきています。それは強豪と言われる国よりも、一般的に力が劣っていた選手の方が当てはまります。準々決勝では韓国、中国(Li Juajun=李佳軍 選手)を抑えてのトップ通過。少しずつですが、一時代の感触が戻りつつあります。もちろんこれはスケーティングの話でなく、選手の息遣いの聞こえ方や、判断力、そして滑っているときの足に伝わってくる感触のことです。

 準決勝では世界チャンピオンのAhn選手との2位争いとなりましたが、残念ながらまだまだ抜く域には達しきれず3位となりました。結果は5位となりました。

 ついでに言わせてもらうと、いつもネットや新聞には今回のように5位であっても、準決勝敗退と掲載されます。他の競技ではたとえ30位、40位であっても順位で掲載されているのに、何でショートは途中敗退と書かれるのか不思議でならない。正直あまり良い気分ではありません。ちゃんと順位がついているので、それを書いて欲しいと思います。

 総合では10位となりました。これはファイナルポイントを取ってない選手の中ではトップの成績です。今回西谷選手が総合7位だった為、来年の世界選手権は久しぶりに男子3人枠が確保できたと思います。これはひとつの成果と言って良いでしょう。

 総括すると、確かに今シーズンは怪我の影響で極端に練習量が少なくなり、それを思えば今回の成績は非常に良かったと思うのも不思議でありません。記者の方にもお話しましたが、今シーズンこの練習量でこの成績だから、来シーズンはちゃんと練習すればオリンピックは大丈夫と安易に考えるのは痛いシッペ返しを喰らいそうです。今回の成績はそれとして、来シーズンやるべき事をしっかりと洗い出し、一つ一つクリアしていく事が重要だと思います。今シーズンの延長線にはならず、また一回り以上レベルアップしていきたいと思います。

 最後に、女子のリレーはコースの内側に入ってないのに、オフトラックという反則を取られメダルを逃しました。ビデオを見てもギリギリ入ってないのに、疑問な判定でした。また観客のマナーの悪さ(中国選手の判定にペットボトルをリンクに投げ入れる等)に、とても後味の悪い大会となりました。それだけが残念です。


3月12日(土) 入賞ならず

 世界選手権2日目。

 今日は男女500mと男子リレーの準決勝が行われました。

 一発を狙った500mでしたが、準々決勝ゴール直前での競り合いに勝てず、第9位という結果になりました。やはりここは一つ結果というものを出したかったけど、準決勝、決勝とレースを見ていてもそれ程見劣りする部分は無く、ほんの少しのスケーティングやコース取り、そしてスタート位置によってそれは大きく変化します。今回は残念でしたが、また一つ課題というか、意外とこれを意識してなかったなあと言う事が見つかったりして、自分にとっては収穫でした。とにかく本番で一発良いスケーティングができるように、これからの一年を過ごしていきたいと思います。

 そして、もう一つ何としてもいきたかったリレーの決勝。相手はカナダ、中国、ドイツ。カナダは最初からスピードアップしていく展開が多く、日本としては若干避けたい相手でした。実際のレースは予想通りに展開。最初はカナダ、中国、日本の順で前に喰らい付いていましたが、徐々に離されはじめ、途中からは全く相手にならない状態でした。このままいくと来年のオリンピックでのリレーは非常に厳しい状況になると思います。前から言っているように、自力で逃げ切れるような力が無いと、追う展開になればすぐに離されてしまいます。今回リレーの要であった選手が直前の練習で転倒し、試合に出れなくなってしまったのが非常に悔やまれます。もちろん本人も悔しい思いをしているから、来シーズンは是非この借りを返したい。

 今回西谷選手が決勝に進出。見事です。昨日の神野選手の5位、今日の西谷選手の4位。そした明日の女子リレーの決勝進出と明るい話題が多くなってます。

 明日は最終日。1000mは3種目の中で一番難しいと自分では考えてますが、少しでも上にいけるようにがんばります。また今年は個人戦2人ですが、明日のがんばり次第では来年3人枠確保もかかっているので、なお更自分の力を出し切らないと。


3月11日(金) 1500m 8位

 世界選手権が今日から開幕。世界34カ国が参加して盛大に行われました。

 初日は1500mと女子のリレー予選。

 僕は第8位。女子は神野選手(ALSOK)が決勝進出を果たし、第5位に入賞。見事なレース展開でした。そして女子リレーもアメリカに競り勝ち決勝進出を決めました。リレーに関しては、一度アメリカを離しかけたけど、最後はもう凄い接戦。アンカーの神野選手が3位でタッチを受けて、ラスト1周のバックストレートで見事に抜いて2位でゴール。応援していた男子陣にとってはかなり良い刺激になりました。明日は500mとリレーで決勝進出を目指したいと思います。

 さて、1500mは今シーズンのワールドカップのランキングによる組み合わせになります。全6戦の内、良い結果から4戦分が有効ポイントになります。僕は今シーズン3戦しか参加していないので、ランキング的には下になってしまいます。なので必ずしも均等に分かれるわけではなく、たまたま参加数が少ない選手ポイントが下でも強豪がいる訳で、予選にしても強い選手が固まった組と、そうでない組とハッキリと分かれてしまいました。

 準決勝では残り2周から3番手に入り、上位2名までの決勝進出を狙いました。ラストのバックストレートで前の選手をパスしようと狙いましたが、足が出てこず3位でゴール。傍目から見たら単なる残念なレースに見えたかもしれませんが、十分戦える手応えがあったのも確かです。逆を言うと、スケーティングがある程度しっかりしてきたからこそ、最後まで戦えるようになったと思います。昨年まで長距離の最後となると、どうしてもレースに参加できない事が多かったから。

 とにかく明日は思いっきりいきます。オリンピック前のプレ大会。そしてオリンピックをイメージして大会に臨んでいる為、いつものW杯よりも格段と緊張感があるのが何ともたまらない。もちろん、それは他の選手も会場の雰囲気もそうである。


3月10日(木) 明日からです

 世界選手権が明日から始まります。

 以前も書いたように、この会場での試合は今まで多数あったけど、W杯等と違いかなり中国側も力を入れている事が伝わってきます。例えばTVの設置箇所等はオリンピックに近い状況。おそらく警備にも力を入れる事になると思います。何となく普段の大会と違うから、意識レベルも向上し有意義な大会になりそう。

 氷のコンディションについて。昨日が朝一の練習で氷は特に硬かったけど、今日は夕方5時からの練習だったのでかなり柔らかかった。最初は違和感があった程で、試合の事を考えると今日の時間帯の練習はとても有効だったと思います。観客も入って室内温度もかなり上昇しそうだからね。

 とにかく今シーズン最後の大会となるので、色々な事を含めて最終チェックをしてきたいと思います。現状から考えると一発500m勝負。後は1500mでレース展開がうまくはまれば、それなりに面白い勝負ができるかどうかなと思ってます。リレーは是非決勝に行きたい。


3月9日(水) 

 昨日も日記に書きましたが、今日は早朝8時からの練習でした。

 起床は6時で、すぐに朝食を食べてからリンクへ向かいました。試合2日前ということで、今日はややスピードを上げた練習で加速してから5周と3周。スピードを上げる時は同時に特に危険を伴うのでしっかりと目を覚まさないといけない。あまり8時から氷上練習をするのは少ないから、結構ウォーミングアップには気を使う。

 僕は5周の練習の先頭担当で、西と3周ずつ。僕が後半に引っ張った。ラップタイム的には非常に素晴らしかったが、この氷あまり気持ち良く滑る事ができず少々スケーティングがギクシャクしてしまった感じだった。あまり必死になって滑ろうとするよりも、気持ち良く氷に順応したスケーティングをした方がメリットがありそう。試合でもそれを心がけることがキーポイントとなりそうだ。

 明日はおそらく全力滑走の練習だろうから、スケーティングとブレードの最終チェックをしておきたい。日本からも数名のコーチがいらっしゃるそうだから、最終修正だけしっかりみてもらおう。もう試合前日だからガツガツ滑る必要も無いしね。


3月8日(火) 

 今日から北京での氷上練習を開始。初めて世界選手権に参加したのが1993年の高校2年生の時。それがこの北京にある首都体育館である。僕にとってはとても思い出深いリンクであるが、それがオリンピック前年の世界選手権とはこれまた偶然。なぜなら93年の世界選手権はリレハンメルオリンピック前年であったから。

 ここの氷は僕の中ではかなり独特だと思っている。同じような氷には世界には無いのじゃないかな。滑らないようで意外とスピードが出ているし、硬いようで柔らかい部分もある。そしてブレードの引っ掛かりが部分的で時々横にずれるような感覚もあって少し怖い。けど、そこを突っ込んでいくのが世界選手のレベルである。今日は10時20分からの練習だったが、明日は8時からとかなり早朝。しっかりウォーミングアップをしないと体が動かないなあ。大変だ。

 さて北京での今日の食事。朝はホテルでBuffet方式。お昼はフリーだったので、男子選手で出掛けた。試合前だからあまり変な物は食べられないが、ホテルの食事でなく普通の小さな食堂に入った。店員さんがまだ注文するの?と言うくらい注文した。1人前でどのくらい盛り付けられてくるか分からないから日本の感覚で注文してしまった。チャーハンにしても麻婆豆腐にしても1人前が結構多い。結局5人で全部食べ切れないほどだった。しかしこれだけ食べて一人200円程度。ホテルで同じように食べたら5倍以上は軽くいくと思う。夜は北京ダックでした。ゲップをするとお昼のちょっと変わったチャーハンの味が出てくるのが、ちょっと気になる(笑)


3月6日(日) 男女共4位

 午後3時より、世界チーム選手権決勝が開催された。

 男女共日本、カナダ、韓国、中国との戦い。最初の1000mで日本は波に乗れなかったが、次の500mで少し挽回。リレーが始まる前の時点で3位の中国との差は3点。その上、韓国、カナダとは残念ながら大きな差が開いてしまい、リレーで1位になっても逆転不可能となり、完全に中国との争いに。最終リレーは最初からハイペースの争いに。3タッチ目のサイクルの時に日本チームは転倒してしまい、最終的に前に追いつく事ができず総合でも4位という結果になりました。しかしながら、同大会でここ数年僕が見てきた中ではかなり良い戦いが出来たのではないかと思います。リレーに関しては、正直良い時と悪い時の波が有り過ぎるかなと。そして、後はレースで追うばかりではなく、逃げ切れるような力をつけないとオリンピックでは勝負にならないでしょう。まだチャンスあります。

 明日、北京に移動します。海を隔てた隣の国だけど、仁川(インチョン)空港まで距離があるし、国際線だし結構時間かかりそう。ホテルを出るのは朝8時で、北京のホテルに到着するのは夜の7時くらいかな。


3月5日(土) 男女共に明日の決勝へ!!

 世界チーム選手権初日の予選会。大会名から分かるように、各国のチーム力を争う戦い。 

 まず午前、午後と2ブロックに別れ、4カ国ずつの予選会。僕ら日本の場合は、韓国、イギリス、ロシアとの戦い。しかし、残念ながら韓国に大差を付けられて2位で敗者復活戦へ。

 夕方から敗者復活戦開始。男女共上位2位までを目標に戦った。

 男子の相手は中国、イタリア、イギリス。僕は出場した500m、1000mを共に1着でゴールすることができ、日本チームに貢献できた事を誇りに思います。そして他の選手も本当に善戦し、最終リレーが始まる時点で2位イタリアと2点差の3位。リレーで勝った方が明日の決勝を進む事ができるという激戦。最後の最後まで抜きつ抜かれつの大バトル。最後のアンカータッチでイタリアがミスした為、そのまま日本チームはトップでゴール。女子も総合2位でフィニッシュした為、男女共に明日の決勝に進む事ができました。本当に各個人が力を出し切った成果だと思います。決勝に進んだのは、おそらく4,5年ぶりなのかな?ちょっと記憶がないですが、明日は思いっ切り戦いたいと思います。もちろん怪我には十分気をつけて。

 ちなみに氷が練習時と全然違い、かなり柔らかくタイムも出ず各選手が結構悪戦苦闘していました。


3月4日(金) 明日より試合

 今日が試合前の最終練習。氷の状態は昨日までと一変して突然柔らかい感じになっていた。だから蹴ろうとだけすると全く進んでいかない氷。うまく氷をとらえて滑らしていった方が良い感じかな。明日もこのままの氷だと結構大変そう。

 僕らの前が韓国チームの練習だったけど、試合前だというのにまあたくさん練習する事。僕が同じような練習を試合前にしていたら、間違えなく明日は全然足が動かないだろうなあ。。。というより、この年齢まで体が持たないんじゃないの?実際韓国チーム平均年齢は世界的に見ても若い。長くナショナルチームで戦っている選手がいないのは、きっとそういう理由だろうね。

 韓国のエースAhnのモチベーションがあまり上がってないように見えたのが気になった。 

 コンディション的には今シーズンの中である意味一番悪い感じ。それは肉体的疲労感がとても強いことで、合宿の中日みたいな足になってしまっている。3週連続試合が続いて、しかも中4日で野辺山で合宿したことが一番の要因でないかと推測する。国体、W杯と試合前はそれなりに自由時間があったが、今回はバタバタしたまま合宿入りしてしまったのが原因だね。とは言っても、明日はがんばらないと。

 チーム選手権の補足です。

 この説明で分かりますかね??


3月3日(木) 冬のソナタ!?

 こちらに来てから部屋での過ごし方に結構苦労しています。一人部屋ですが、いわゆる普通の洋室ではなく、オンドル(温突)という形式で、簡単に言うと床暖房部屋みたいな感じ。一応温度設定できるんだけど、これまた全然調整がきかず暑い暑い。窓を開けたりして多少は工夫しているけど結構大変。夜中には必ず暑くなって2,3度目が覚めて窓をより開けて調整。外は雪が降っているような気温なのに窓なんか開けて、体調崩さないかと心配ですが、やはり多少の影響は避けられていないような感じ。体の動きはここ最近で一番良くないんじゃないかな?少なくとも来週の北京では上向きにしたいと思います。

 ところで、ここ冬のソナタのロケ地でもある春川市。ソウルからバスで3時間近くかかると言うのに、日本のオバちゃま達を至る所で見かけます。もちろんホテルの中でも。少なくとも2年半前に来た時には全然日本人の姿は見なかったのに。ヨン様効果は凄いです。で、メイン通りを写真に収めてきました(ここをクリック)。最初は男子5人で撮影しようと思ったけど、ほとんどの選手が拒否(笑)。やはり恥ずかしいとの事。で、2人で撮った写真もありますが今回は風景のみを。街のあちこちに日本語も書かれたポスターが。こちらは冬ソナバブル真っ只中です。


3月1日(火) 羽田から金浦へ

 今日から3月。本当に早いですねえ。昨年怪我してからちょうど1年くらい経ちました。その頃の僕は病室のベッド早く治れ!と手首に言い聞かせていたものです。まだ約3週間後の世界選手権に出るつもりでいましたから。。。

 さて今日から韓国・春川(チュンチョン)に来ています。何と最初からトラブルが。それは野辺山から成田に向かう途中(10時過ぎ頃かな)、何故か旅行会社からある選手に電話が。「そろそろ飛行機が出発ですけど」。。。「えっー!!」。どうみても旅行日程には15時出発と。どうやら旅行会社が間違えていたらしく、かと言って当然間に合う訳もなく。選手の間では品川もしくは成田に宿泊!?何て好き勝手な事言ってました(笑)。

 さすがにコーチ、旅行会社の方も大慌て。しかしながら成田発便はどれも満席。で、羽田発の大韓航空にギリギリ空席が。で、羽田へ直行。そして何とかセーフ。お願いしますよ、旅行会社の皆様。

 もう一つ僕には問題が。海外用の携帯電話を成田空港で受け取る予定だった。もちろん取りに行ける訳もなく、このままだとキャンセル料だけ取られる羽目に。同じように借りる予定だった後輩の選手が旅行会社に電話した。そしたら、成田から羽田に届けてくれるみたいと。結局これまたギリギリ間に合った。感謝。

 まあそんな訳で無事に着きました。夜は近くのお店でタッカルビを堪能。だって、ホテルで食事すると試合料金で一人$33。おいおい、日本でもかなり良いもの食べれまっせ。既に料金と客室の質が見合ってないホテル代だけで一日の予算オーバーしているから、これから食事代も大変です。本当のホテル代高すぎます。

 最大の問題。僕の部屋には電話線を繋げるジャックが見当たらない。この日記いつ送れるんだろう。

バックナンバーに戻る
ホームに戻る