11月30日(火) ここは・・・!?

 昨日アメリカからカナダに移動してきました。ほんの隣の国なのに13時間ちょっとも移動に時間がかかるとは、何とも広い国だこと。

 ここはケベック州のSaguenayという所。またどえらいとこに来てしまいました。ケベック空港からバスに揺られる事約3時間。途中電灯もない道路を延々と走っていたようです。目が覚めて窓の外を見れば雪景色。あ〜、寒そう。。。と思ったのが最初の印象。ちょっと明かりが点々としてきたなあと思ったらホテルに到着。ちょっとした街のようで、ホテルの近くにもモールがあったりして、それなりの街のよう。でもかなり田舎。一般的な地図には載ってなかったからなあ。。。

 今日はお昼頃に氷上練習があった。ご丁寧に1時間20分も練習時間があったものだから(先週のアメリカでは1回の練習が50分間だった)、いつもより練習メニュー増えてない!?とか思ったりして。最近は試合後は極力練習量を落とすようにしているから、ちょっと僕のペーストは違うかなとも思った。1試合フルで出場すると、肉体的・精神的疲労はかなり凄いものがありますからね。

 明日は地元の中学校を訪問するみたい。各学校で各国を応援してくれているようなので。英語もほとんど話せないのに、こちらフランス圏ではフランス語。果たしてどうなるのやら。ところでこの街には日本人の方が1、2人いるみたい。その内の一人の方(留学生らしい)が通訳のボランティアをして下さっている。明日も同行してくれるのだろうか?また明日にでも報告します。

 それにしても、もうパンを挟んだサンドイッチやらハンバーガーやらはもう食べたくない。今回はいつもの遠征にまして、そういった食事回数が多くでさすがに辛い。年齢的なもの??


11月28日(日) 最終日

 今日は1000mとリレーの決勝。

 まず最初の1000mでは、予備予選以外は久しぶりの良いスケーティングが出来たと思います。まだ練習と比べると粗さが目立つのがまだ気になる部分ですが。準々決勝、準決勝と進むにつれて、体の状態が良い方向にいってました。準決勝はもう片方の組み合わせと比べてチャンスがあった為、僕自身も狙ってました。展開が非常に難しく最終的には米国の選手との争いになって3着で決勝に進めませんでした。氷がまあ良い事もありますが、とにかく展開が速く一瞬の躊躇が命取りです。決勝には行ける時に行きたいと思っていただけにとても残念。まあ、また来週もある訳ですから、反省点だけは忘れずにとにかく気持ちは切り替えます。

 リレーは作戦ミスですね。日本は4コースでしたが、カナダが早い段階からスピードを上げるのは目に見えて分かっていたので、スタートはとにかく前に出ておくべきだった。僕は間違えなく日本は最初スタートは思いっきり行くだろうと勝手に予想していたのが反省点です。しっかりと、スタートは前に出ておくように言うべきだったと思ってます。それでも確実にポイントを取ることが大前提となるので、来週も決勝目指して、そして次回は今回以上のメダルを目指したいと思います。リレーメンバーの動きは非常に良かったです。


11月27日(土) 2日目

 ん〜。なかなか上手く行きませんね。今日は体の動きも悪くなく、予備予選もなかなか良かったので、自分ではそれなりに期待はしていましたが。。。予選は3コース。スタートで2コースの選手を少し交わしてトップで行けそうでしたが、インから弾かれて結局3番手へ。ペースもそれなりに速かったので序盤は(といっても4周しか無いけど)無理をせず、チャンスを伺ってました。2番手の選手にとっては丁度良いスピードだったので、インも開かず。インから行けない事も無かったけど、前とのスペースが無かったので無理に行ってもインに詰め寄られて失格になるのもと思って。そして最後半周アウトから勝負。2番手に上がれたけどゴール前で上手くスピードに乗れず、1000分の6秒差で3位でした。凄く悔しかった。

 昨日に続き、西谷選手が銅メダル。今の日本に勢いがあります。僕もこれに乗っかって、明日は最大限がんばります。

 また、久しぶりにリレーで決勝に残ったので、これもまた楽しみです。


11月26日(金) W杯第3戦初日

 まずは嬉しいニュースから。

 女子1500mにおいて、見事神野選手が銅メダルを獲得しました。今大会と来週の大会は韓国チームは不参加ですが、それを差し引いても見事なレースだったと思います。久しぶりに日本選手の表彰台。この勢いに乗って、明日は僕も今日以上にがんばっていきます。

 今年2月以来の国際大会となりました。今大会は第3戦目であり、1−2戦不参加の僕は当然ノーポイント。なので予選から常に厳しいレースとなります。簡単に説明すると、ポイントのある選手から順に組を振り分けられて、まあ順当に行けば最初は強い選手同士が当たらないようにはなっています。僕は当然下の方で振り分けられるので、それなりの組み合わせになってしまいます。

 今日の最初のレースは僕らしからず、最初若干緊張気味でした。ちょっと知らない間に、色々な選手が強くなっていく世界ですからね。レースが始まればそんな事は考えていませんが、まあ予想よりも体は動いたんじゃないかと思います。予選は中盤から先行し、最後足出し勝負でしたが何とか2着に入り準決勝に駒を進めた。準決勝はカナダ、米国、中国と同じ組で中盤仕掛けてみましたが、逃げ切れず3着(一人失格で4着から繰り上がり)。

 リレーの場合、男子は2戦目で失格を喫し、かなり背水の陣で望みました。先日も言った通り、ポイントを取らないと世界選手権の資格が得られないので。ドイツ、イギリスと同じ組で最後の最後までもつれました。アンカーの僕にタッチされた時、上手く後ろを離す事ができてどうにか1着。明日の準決勝で良いレースをして、久しぶりの決勝に駒を進めたいと思います。

 今回、1500mの予選で米国の銅メダリストRusty Smith選手が単独で転倒して起き上がれず。。。容態は分かりませんが、マットに衝突した時にどうやら体がくの字になってしまったみたい。4人しかエントリーしていなかったアメリカチームはリレーを欠場する事になりました。


11月25日(木) 試合前日

 今日は10時半から50分間の公式練習。昼食を終えて今部屋に戻ってきたところです。

 昨日に引き続き、氷上練習はベルギーとスイスチームと一緒。本来ならば日本1カ国だけの方が自由にリンクを使えてやりやすいが、2チーム以上一緒の練習になると、お互い譲り合いながらになってしまうから、休憩が極端に短くなったり長くなったりとペースが掴みにくい。そうは言っても仕方ないことだから、うまくやっていくしかないけどね。。。

 どうも氷の上に異物が多少乗っかっているようだ。日本選手も今日に限らず、ブレードに傷がついて滑れなくなった選手がいたが、今日はとうとう僕もその餌食に多少なってしまったようだ。今日は4タッチリレー×2本がメニューだったが、どうも最初から引っ掛かりが甘かった。まあ、多少なら滑ってしまう技術を持っているけど、練習を終えて気になってブレードをチェックしていると、かなり表面が光っていた。これかブレードが何か異物によって傷がついてしまった証拠で、ノーマルタイヤでスケートリンクを滑るような感じでとても危険。ほんの少しくらいだったら何とかするけど、これが長さ1cm以上超えると厳しくなってくる。

 外はとても天気が良いが、かなり寒い。日中でも一桁後半まで温度が上がっているかどうかだろう。今から部屋で少し休んでから、少し体を動かしに行こうか。。。
久しぶりの国際大会で何だかとても不思議な感じがする。


11月23日(火) カレーが無い・・・

 練習2日目。徐々に時差ボケにも慣れてきたけど、まだまだ24時間いつも眠たい。特に氷上ではある一定の動きは滑れるけど、瞬発系のようにいざという時に足を動かそうとしても、まだまだ思い通りにいかない。

 今日は11時30分から50分間の練習。僕らの前がカナダチームの練習だった。カナダチームは国内選考会を終えたばかりの筈で、疲労しているかと思いきや結構元気だった。今日何となく見ていた感じでの練習メニューは、5人で20周一本。それからおそらく5000mだと思うけど、5人で1周半交代のリレー2本。序盤2000mくらいは9秒前半で残りの3000mは8.5−8.8くらいでずっと滑っていた。かなり速い。僕が今日のウォーミングアップの時のリレーで1本だけ、かないペースアップした時が8.8秒だった。氷は滑るに違いないが、それにしてもその速さを安定して滑りきるのはさすがというべきか。

 カナダが最初で僕らが2番目の練習だったから、昨日と変わらないかそれ以上に氷は硬かった。このまま試合ができれば良いけど、その次のチームの時は大分柔らかそうに見えたから、やっぱり試合もある程度覚悟が必要のようだ。

 話は変わるけど、今日の夕食は日本食レストランへ。僕は大のカレー好き。行きの飛行場でいつものように食べようと思ったけど機会を逃す。機内食でもカレーが出たが。。。某電話会社のCMではないが、隣の人でチキンカレーが無くなった。だから残ったのはフィッシュフライの入った、広東風焼きそば。だから客室乗務員のおばさんに「フィッシュオンリー(魚ものだけですよ)」と言われたのは言うまでもない。で、今夜。しかし何度メニューを見てもカレーが無い。僕は行く前からカツカレーと野菜サラダと決めていたが、全然違う鉄火巻きとすき焼き。でもこのすき焼きが侮れず、かなり美味しかった。でも量が多すぎて全部食べれなかった。どれだけ食べるんだろう、この国の人は凄い食欲だ。


11月22日(月) From USA

 昨日のお昼過ぎにアメリカはウィスコンシン州にあるマディソンに到着しました。実は当初アメリカ大会はラスベガスの予定でしたが、8月頃に変更され今回の場所になりました。僕のHPにもラスベガスと書いてありましたが、修正を忘れていました。(後ほど修正しました。)

 それにしても、昨日の飛行機は久しぶりに乗っていて辛かった。747ジャンボでシートは3−4−3列。僕は真ん中4列の内側。しかも左隣の外国人の方がかなり大きい人だった(普通に関取くらいありました)。もう普通に座っているだけで、僕の領域を侵犯していて。。。その方もそれなりに気を使ってくれたようで、ずっと腕を組んで座ってました。腕を組まないと僕のシートの半分くらいまできてしまうから(汗)。昨夜は意外と時差ボケのような症状もなく、午前0時くらいまで持参してきたM-1グランプリ(お笑い)とドリフのDVDを見ていました。アンタッチャブル面白い。笑い飯というコンビは初めて知りましたが、かなり面白かったです。しかし、今朝の朝食後9時くらいから気づいたら昼食時間である11時45分を過ぎて50分まで爆睡。寝ぼけながら昼食を食べて、すぐリンクへ。13時半から氷上練習だったので、すぐウォーミングアップしました。

 以下は、多少スケート関係者向けのコメントです。

 マディソンに来たのは初めてなので、もちろんスケートリンクも初めて滑る。今日から各国練習を始めたわけだが、その中でも僕ら日本チームが最初の練習。昨日まで何かのイベントをやっていたのか、観客席にはコーラ等のジュースの紙ボトルが散乱。で、マットも今日入れたと思われる。だから氷の上の砂が滑る前から気になっていた。マットを設置する時にみんなが靴で氷に乗るから、靴底に着いた砂が散乱する可能性があるからだ。また、ザンボニ(製氷機)も雪を外に持っていくような感じで、タイヤにも砂が多数付着している可能性も高かった。

 氷上に上がっての第一印象は意外と硬い。でもさっきも言ったように、全ての中で最初の練習だから明日滑ったときや、実際試合が行われる時はこれと一緒の感触とは言えない。今日だけでブレード(刃)の調子良し悪しを判断するのは時期尚早である。また氷の表面に薬品を撒いているのか、ちょっと普通とは違うように見れた。滑った時も氷はほとんど割れず、7分リレーをやったくらいでは氷の表面に傷はつきにくいようだ。ちょっと引っかかり過ぎて、肩が回ってしまう時もあったので気をつけないと。

 このような氷が何故日本に無いのかと思うと残念。唯一近いのは何度も言うように、山梨の小瀬のリンクだと思うが、あれとも少し違うかな。今日は初日という事もあって、15周2本と5人で7分間リレー。15周は11秒前後。リレーは各人任せ。氷が滑るか滑らないかというと、リレーで途中少しペースアップしたら9.1くらいは軽く出たので、かなり滑る部類だと思う。しかし上記のように、まだ最初の氷で砂以外では条件が良いだろうし、今日は日本チームだけの練習だったので、何とも結論はつけ難い。試合になればもっと柔らかくなりそう。そうそう、練習後ブレードをチェックしたら、多少表面に傷がありそう。でもこれくらいなら予想範囲内だが、これ以上になるとちょっと厳しい。

 今日ホテルとリンクで見た限りでは、既に中国、オランダ、イギリス、ベルギー、オーストラリアが来ているようです。


11月21日(日)

 今成田空港です。出発前の昼食を食べようと思っていますが、今回はお寿司にしました。チームリーダーのおごりで。。。

 今朝は野辺山を7時半に出発。首都高速が渋滞していると思って早目の出発でしたが、日曜日ということもあって都内は空いていました。予定よりも早くついて、結構のんびりしています。そういえば、ソルトレークの時には米1ドル=138円くらいしましたが、今は105円と本当に為替変動は大きいですね。同じ1万円換金するにも全然違う。

 今から1回のトランジット含めて約12時間の旅。かなり疲れることが予想されますが、現地に着いて時差ぼけ含め、しっかりと調整できるようにしたいと思います。


11月20日(土) 明日出発

 合宿も今日の練習で無事終了。全選手怪我をする事もなく、調子は上向きではないでしょうか。

 この3日間、練習内容としては長距離を初日にやって、徐々に短距離にシフトしていった。最終日の今日は2周の加速走。もう本格的なシーズンだけど、今年は意外と本当に短いスピード練習は少なく、9月の上旬に同じような2周走をやった以来。だから今日は微妙な緊張感があった。LAP的には練習としては今シーズンベスト。しかしながら、世界と対等に戦うためには練習でも、もうコンマ2秒くらいは上げたいと思っている。まあ、あんまり焦らない事だね。

 そして、今回の遠征のもう一つの課題はリレー。W杯第2戦で日本チームは失格になった為、背水の陣。このままの順位だと世界選手権のリレー(W杯ポイント上位8チーム出場権)に出れなくなってしまう。だから今回はどうにも落とせない種目。だから各選手も気合入っています。僕は今のところ今大会のアンカーを任されていますが、全日本クラスでリレーをやるのが2月のW杯イタリア大会以来。感覚的にはまだまだ衰えてないから良いけれど、やっぱり5000mは長い。1走目とアンカーの2走目は8回タッチ(1.5周ずつ)。アンカーは最後2周滑らなければならない。じっくり前半戦は力をセーブしても、最後2タッチは相当キツイ。3,4走目の選手にも一層がんばってもらい、最後までアンカーが力を使わないで済むような展開に持っていきたい。もちろん目標は決勝に残ること。

 明日の早朝に長野・野辺山を出発。そのまま飛行機に乗るわけだから、かなり疲れる。もちろん飛行機はエコノミーの為、疲労が心配だ。

 約9ヶ月ぶりの国際大会。まずは世界の状況を知る。。。何て事をするような選手でもないと思っているので、とにかく今ある力を最大限発揮して、上位進出を目指すのみ。でも焦らないようにね。


11月18日(木)

 昨日から野辺山入りしました。名古屋も大分気温が下がってきたとはいえ、やはりこちらは比べものにならないくらい寒いです。体調を崩さないように気をつけないと。

 今日から遠征メンバーで練習開始。午前は氷上練習。午後は基本的に各個人に任せたフリー練習。氷上でも良いし、陸上でトレーニングするも良し。僕は基本的に1日1回以上滑るのはあまり好きではないので、こちらにいる間は氷上・陸上を1回ずつやっていこうと思ってる。既に3日間の練習イメージは決まっているが、今日は雨が降った為、外でランニングすることができなかった。

 それからもう一つ。スケートスーツが今シーズンから大幅に変わった。デザインがどうのこうのよりも、機能的に大きな変革があった。今日から初めて使ったが、これがまた滑りにくい。慣れの問題はあるが、かなり足の動きが制限される感じ。基本的に生地が伸びにくく、それにより足も圧迫される。昨今、安全性の問題からルールが大きく変更。各メーカーが試行錯誤しながら、新ルールに適合した製品の開発に追われている。安全と機能性を両立するのはなかなか難しい。初めてネックガード(首を守るもの)が採用された時は、かなり首が苦しく息もしぬくかった。しかし今となっては全く気になるようなものではなく、使っているのが当たり前。この新ルールに沿ったユニフォームを当たり間のように使う日も、そう遠くはないようだ。


11月15日(月)

 週末野辺山に行ってきました。氷上練習は土曜の夜と日曜の朝(朝6:00〜!!)の2回。選抜の疲れもあったし、今回はどちらかというとスケーティングチェックを主体に。9月に行われたW杯選考会の時と比べて、氷も大分良くなっていました。これは外気温が下がったことでリンク内の温度も落ち着いてきた事も一つの要因だと思います。夜の練習では逆に氷が硬すぎてパキパキ状態。でもある程度のスピードまではとてもスムースに出ました。それが証拠に今回の学生個人戦の500mのタイムを見ていても、先日の選抜の時より1秒かそれ以上平均で速くなっていました。ただ、ある程度以上のスピードを出そうと思うと結構難しい氷だったので、予選と決勝のタイムは大きく変わらず。

 さて個人戦ですが、以前書いたように今回はユニバーシアードの選考会がかかっていたので、同じスケート選手としてかなりみんな気合が入っているのが伝わってきました。しかも力が拮抗している選手が多く、かなりエキサイティングなレースに。これは見ている側としたら、普段の戦いより面白いと思います。失格も多数あり、微妙な判定も多数あり、選手だけでなく判定に対するコーチの抗議もいつも以上に白熱していました。リンクがとても寒かったので、風邪を引かないように十分気をつけていましたが、やっぱり疲れはかなり出ました。また水曜日から野辺山に行くと思うとちと気持ち的に辛い部分もあります。

 せめて甲府で調整合宿をしてくれないかと思う今日この頃。


11月12日(金) 

 まだまだ日中はかなり暖かい。本当に11月なのか!?と思うほど。しかしながら明日から若干冷え込んでいくらしい。事実今夜はいつもより寒く感じる。野辺山はかなり寒いんだろうなあ。。。と言いつつ、明日・明後日に行く事になりました。ちょうどユニバーシアードの選考会が開催されていて、学生達の熱い戦いが繰りひろげられます。が、母校の中京大学の選手が数名エントリーしているので応援もしますが、貸切練習もあるので僕はそちらメインでがんばってきたいと思います。でもまた来週水曜日から野辺山でW杯の事前合宿があるから、あの距離を行き来するのはかなり疲れるけど。。。

 ところで何だか様子がおかしい。韓国女子チームの話である。女子選手が恒常的にコーチから監視や暴力を受けていたらしい。コーチは解任になったが、何と女子選手も合宿所から追放されたとか。それに伴い、今月下旬のW杯第3、4戦は不参加のようだ。男子選手は通常通り試合に出るが。。。これらは新聞で読んだだけの情報なのでどこまで正確か分かりませんが、とにかく韓国チームは混乱極まりない状況だと思う。一日も早く選手がノビノビと試合に望めるような環境を構築して頂きたい。そう願うしかない。


11月10日(水)

 ガッツリ疲れ出てます。はい。何だか日に日に増大しているかも。ちょっと睡眠時間が短いのも原因だと思う。今日も氷上練習があったが、前半滑って終了。今週1週間は練習量としては「弱」にして、一旦疲れを抜きたいと思ってる。

 ところで、今回優勝した事で会社に行ったら、たくさんの方に声をかけて頂いた。全日本選手権に比べ出ている選手は同じでも、格付けからいくと下になる全日本選抜。メディア等の扱いも比較的小さい。だから通常なら見落としてしまうような記事でも、最近は良く見て頂いている。仕事で電話はしても、まず一言目は「おめでとう」と。これは企業スポーツとしての良い面であると思う。良い結果が出れば、それなりのレスポンスがたくさんある。反面成績が悪いと・・・(笑)。こういった事は学生では無いと思うし、企業に属している選手でも普段職場に行かなければ、こういう経験も無いだろう。

 今はとても美味しい物が食べたくて仕方がない。

 今週末も学生は大会がある。まあ僕もやってきた事とはいえ、学生も疲れているだろうけど、がんばって欲しいね。


11月9日(火)

 全日本が終わって一息つきたいと思いながら、なかなかそうはいかない。まあ忙しいのは良いのだけど、何もしない贅沢もたまには必要。遠征行くまでに、どこかでのんびり出来ないか模索中。でも本当時間って足りないなあ。。。試合の疲れも簡単に取れる訳でもなく、若い頃と違うのはこの辺かなって思うときがある。今日は氷上練習があったけど、比較的ゆっくり目のラップで、少し足をほぐすようなイメージで。

 練習前に久しぶりに病院へ行ってきた。手首の調子は順調だけど、やっぱりドクターに診察してもらい、作業療法士の先生にリハビリをやってもらうと心配もないし、しばらくは続けていこうと思う。もう日付が変わりそうな時間でかなり眠い。。。眠いけどHDDに録画した「バカ殿」を見てしまっている。ほんとくだらないけど、ドリフは外せない(笑)。

番外編)
 今回の選抜は西日本と同じ神戸で行われたんだけど、西日本の試合の時にはどうもしんみりくる曲ばかりが試合中に流れていて、何とかならないものかと思った。しかしながら今回は誰か選曲したのか、ただ有線みたいなのを流していたのか分からないけど、ノリが良いというのか、僕が好きなテンポの曲が多くてテンションを上げやすかった。


11月7日(日) 総合優勝の位置づけ

 全日本選抜大会が終わりました。

 結果は

1000m: 優勝
3000m: 6位
総合優勝(4年ぶり6度目)。

 気づけばソルトレーク代表最終選考会であった、2001年12月の全日本選手権を最後に、国内の全日本クラスの選手権大会(距離別大会を除く)では約3年ぶりの総合優勝となった。自分でもほんと久しぶりの優勝だなあと思ったほど。

 でも、正直、総合優勝に固執する理由は僕にとって見当たらない。もちろん現時点での話だが。というのは、総合優勝よりも各種目で優勝することが僕にとっては意義があるから。だから例えば4種目全部2位でも総合優勝できる可能性は十分にあり、それでは僕にとっては意味がないと思っている。今回はたまたま500mと1000mを優勝することができたが、これらは先の事より意味合いがあると感じている。

 また、今回は、この夏から取り組んできた構造改革ならぬフォーム改革が少しずつだけど、イメージと現実の差が縮まってきた。相手との戦いよりも、まさに自分との格闘である。ここまでくるのに、かなり時間がかかった。やはり僕のように長年スケートをやっていると、昔のスケーティングがなかなか離れないし、それが一番だと思っているから。頭の中が硬くなっているわけである。

 何はともあれ、少し体を休めてあげないと。しかしながら、ワールドカップに向けて来週中旬から短期間の事前合宿。特にリレーは背水の陣で望まないと、世界選手権と世界チーム選手権の出場が危うくなってしまう。男子チーム長老として、しっかりとサポートしていきたい。

 ちなみに今大会、女子は田中千景選手が復帰1戦目にして総合優勝。日本チーム選手のベテランの座は譲ることになりました(苦笑)。。


11月6日(土) 全日本選抜第1日目

1500m: 2位
500m: 優勝!!

 意外(?)にも優勝できました。

 初日は結果よりも、自分のイメージしてきたスケーティングが徐々に試合でできるようになった方が収穫。

 明日は1000m、3000m。気を抜かずにがんばります。


11月4日(木)

 今日から神戸入りしました。名古屋もこちらも日中はとても暖かく、とてもスケートの試合が今週末行われるの?と思うくらいでした。今大会は11月下旬から行われるワールドカップ3、4戦(アメリカ、カナダ)の代表選考会も兼ねています。先週インカレがあった学生も、既に2戦W杯を戦ってきた代表選手も全員集結します。どんな戦いになるのやら。。。

 今週の氷上練習が変則だった為、今日はあえて体を動かさず移動だけとなりました。だいたい日本で試合が行われる時はだいたい週末に試合があって、行動パターンはある程度決まってくるけど、オリンピックは全くの変則日程だから、このように試合2日前に休養を取るのも調整練習。まあ、日々色々考えています。

バックナンバーに戻る
ホームに戻る