10月30日(木) 全開です

 ↑・・・。何かというと時差ボケ。

 一昨日帰国し、昨日は有休を取ったので1日フル稼働。それは歯医者と美容院。昨年の12月に歯医者に行って以来全く診察してもらってなかったので、特に痛みがある訳ではなかったけどやはり試合中に痛みが出たら最悪なので一通り診て頂いた。診察して頂き無事に虫歯は無かったけど、普段生活していてちょっとでも歯がしみたりすると虫歯かなあと疑ってしまい、痛くないのに痛みがあるように錯覚してしまったりするんですよね。特に試合前は・・・。これで歯に関しては心配しなくて大丈夫!もう一方は自己記録を更新。僕はショートカットヘアが好きな為、高校時代以外は伸ばした事がないのだけど、やっぱり髪が短いと少しでも伸びると気になるんですよね。だからだいたい1ヶ月に一度はカットして頂いてます。だけど今回はなんと約40日。カットしてもらう時に次は40日くらい来れないから、その間もつようにお願いしますね、何て言ったけどさすがにボーボーになるかと思いきや、崩れる事無くずっとまとまってました。さすが信頼おける美容師さんだけに感動しました。夜は最近良く行く焼き鳥屋さんにマルコさんが誘ってくれました。昨日は車に乗っていったのでアルコールは無しでしたが、それにしても本当に美味しい焼き鳥屋さんです。でも路地裏にあるから知っている人しか分からないような場所にあるんですけどね。

 さて冒頭に書いたようにすごい時差ボケなんです。一昨日の22時頃に家に着いて荷物を整頓。その後全く眠たくなかったから近所の漫画喫茶に。眠くなったらすぐ帰ろうと思っていたけど一向に眠くならない。ふと時計を見るともう午前2時。さすがに帰ろうと思い、一風呂入って布団にはいるが全く眠れず。3時間くらい布団の中でゴロゴロしていたけど、いい加減諦めて起きていることにした。飛行機の中で最後に寝て起きたのが日本時間のお昼12時頃だった。そして昨日寝たのが午前0時。と言う事は36時間ずっと起きていたことになります!で、今日は逆に猛烈に眠い。しかもちょっと体調を崩したらしい。風邪のような症状が出始めているから早く寝ないと。全然頭が働かないから、変な文章になっていたらごめんなさい。


10月26日(日) ショートトラックだ!!

 今日最終日は1000m。昨日の日記には帰国してからと書きましたが、どうしても今日のレースの事を書きたくて書いています。

 準々決勝で厳しい組になり、相手は李佳軍(CHN)、Lee sun-jae(KOR)、Eric Bedard(CAN)、後イギリスの選手と僕の5人。ショートトラックにちょっと詳しい方ならこの名前をみてピンとくるはず。もう気合い入りました。序盤から予想通りみんな前に出たいから先頭の奪い合い。僕はスタートが5コースだった為5番目の位置になった。すぐ半周後から先頭に出て一旦トップ。1周後またすぐ抜かれ2番手に。残り6周で中国選手にインから押され外に出されるが、何とか最下位にならず4番手に入った。 何とか喰らいついてチャンスを待つ。残り2周で先頭の李(CHN)とLeeが接触してバランスを崩した隙に2番手に。残り1周。先頭のEricのペースが上がらないから一発勝負をかけてインから抜いて残り半周でトップに立った。しかし抜いた時には右足が棒のようになっていて、最終コーナーで失速気味。最後のストレート残り10メートルぐらいまでトップだったが、最後3人にかわされ4番手でゴール。最終コーナーでトップに立った時はトップでゴールだ!と思っただけに自分でもビックリ!?した。単純に僕の力が無かっただけに、これをバネにしてトレーニングを積むしかないけど、多分見ている人も僕が4番手にまで落ちるとは思わなかったのでは!? This is the Short-track. これこそショートトラックの醍醐味であるけど、できればトップでゴールして準決勝で戦いたかった。僕の過去のレースの中でもかなり上位にランクされるエキサイティングなレースでした。結局は中国の李選手が失格して3位だったから、せめて3着でゴールしていればという思いは正直あるかな。最後の男子リレーは見ていて白熱したよ。


10月25日(土) 久々の決勝

 別にいつも試合に対する気持ちが違うわけではないけど、今思えば今日は先週の試合とは違う何かがあったような気がする。こうしてW杯(ワールドカップ)に出るのがある意味僕の中では当たり前のような気持ちは正直どこかにあると思う。もう世界の桧舞台に登るようになって12年目。だから毎試合同じように気持ちを入れていくのは難しい部分もある。しかし、いろいろ考えてみると、僕だっていつまでスケートをやれるか分からないし、代表入りだって確約されたものではない。国内大会の成績が悪ければそれで終わり。トリノまでの後2年ちょっと。若い選手がドンドン上がってくると思う。引退はいつしかやってくる。そう思うと、もっと1試合1試合を大切にしなければと今まで以上に思うようになった。チャンスがあるときは全て物にしようと。今日はそんな日だったと思う。

 今日は500m。先週の試合での感触というか、あまりにも内容が良くなかったので予備予選を通過するまで何か嫌な感じがしていた。最初から中国の選手が一緒の組だったので、何とか負けたくないと戦い1着でゴール。昨シーズンくらいから予選でもなかなか1着でゴールする事も難しいなってきていたから、少しこれで気持ちが楽になった。予選も1着でゴールし、いよいよ準々決勝から本格的に勝ち上がるのが難しくなってくる。スタートは1コースだった。スタートは予定通り先頭に。しかし1周半でアポロ・オーノ(USA)に抜かれ次にイタリア選手も迫ってきていたが2番手を譲るわけにはいかずキープしようとしたが、コーナー入り口でインから押され最後尾に下がってしまった。万事休すかと思われたが、イタリア選手が失格で救済措置の為、準決勝へ。運も味方に。準決勝は5コース。おいおい。スタートはとにかく全力。何とか3番手につけた。韓国、イギリス、僕の順だったからすぐに2番手に上がりたかった。後ろにはカナダと韓国選手が迫っていた。さて2番手に上がろうとした所で丁度僕と同じタイミングで抜きにかかっていたらしいカナダ選手が後ろからぶつかってきてバランスを崩した。残り2周。再度イギリスの選手を抜きにかかり2番手へ。最後ゴール前で韓国選手にインから並ばれたがコンマの差で勝ち決勝へ。

 思えばW杯での決勝進出は2001年12月以来約2年ぶりとなった(多分)。結果は5人中4番手とメダルは逃したが、3位の選手とは明らかに差があるように感じる。今の力ではまだメダルは早い。

 年々下位の選手の力が伸びてきて、予選から益々混戦模様。かたやトップ選手は最高スピードこそある程度頭打ちにきているが、昔のようにLAPが落ちてこない。僕はトップスピードが極端に速いわけでもないし、そのスピードを持続できる力もしっかり持っていない。何にも武器がないかもしれない。これからどうしていくべきか真剣に考える必要がある。僕だけでなく、これから日本を背負っていく若い選手は特に、である。今日の決勝ではスタートがゆっくりで残り2周で急激にスピードを上げていくというパターンだった。その時の最高LAPは練習でも出した事がないようなスピード。だから若干離され気味だった。何度もいうようだが、日本には海外のように滑る高速リンクがなかなかない。言い訳がましいようだが、普段練習で出してないようなLAPで滑ると技術がついていかない為、どうやって滑れば良いのか分からない時もある。普段から速いLAPで滑る事ができれば少なくともそういったことはなくなっていくであろう。一昔前はここまでスピードが上がってない為、日本の氷でも対応できるようなLAPだったが、今はそうもいかない気がする。まあ、いろいろ思っている事はあるけど、今日はこのくらいで。長くなってしまいました。

 明日は1000m。最後まで気持ちを高めて戦う。

 試合が終了してパーティーがあり、荷物を詰めて翌朝4時にホテル出発!!日記を書く時間がないかもしれないので、その時は帰国してから更新します。


10月23日(木) さてと

 今日がW杯前の最後の氷上練習。遠征に来るとだいたい試合に向けた練習メニューがある程度決まっていて、最初は少し長めに長距離を滑ったり、リレーをして体を徐々に動かす意味と、氷に慣れるために最初からガンガン滑ったりしない。それからは試合までの期間によるけど、中距離からやっていき試合前日はだいたいスピード滑走。今日はそのスピード滑走で、試合以来全力で滑るわけで最初はやや滑りがぎこちない。先週滑ったカルガリーがショートのリンクの中ではNo1かNo2に滑る氷と言われているが、今回のマルケットのリンクも思ったよりも滑る。こちらに来てから若干上り調子になっているのもあるが、今シーズンのベストLAPが一応は出た。なぜ一応かというと、まだまだ自分の思い通りにコントロールできるまでには至ってないからと感じるから。それなりにLAPは出ても、他国の練習を見ているとそれ以上に全然速いスピードで滑っている。まだまだ本調子といったところではない部分もある。ただ動きとしては悪くないし、自分の滑りも少しだが戻ってきていると感じる。もう一歩だけど、もっと何か変えていかなければならない部分も多い。遠征に来ると勉強になる事も結構あるのだ。これは大事な財産でもあると思う。

 今回のエントリーは500m、1000mとリレー。基本的な考え方として、なるべく各選手がたくさんの種目に出れるようだいたい2種目ずつに分けたと言う事らしい。全種目に出場しないのは久しぶりだけど、これもまた仕方がない。個人ではこの2種目に集中させたい。ちなみに各国が1種目にエントリーできる人数は最大3人。リレーは先週に続いて同じオーダーになるのではないかと思う。先週は転倒があったが、今回は最後まで滑りきってどこまで戦えるか試してみたい。それでようやくそのメンバーの力がどのくらいか分かると思う。僕が見ている限り、先週よりも日本のみんなが徐々に調子が上がってきている選手が多いと感じた。良い結果を報告できるようみんなでがんばります。

 最後にもう一つ音楽情報。今DidoというシンガーのLife for rent というアルバムを聞いてます。女性ボーカルですが、幅広い層に聞いてもらえる歌だと僕個人的には思います。


10月21日(火) えらい所に

 昨日の夜中にアメリカはミシガン州Marquetteに到着。距離的にはそんなにあるとは思えないのに、昨日はカルガリーのホテルを出てから飛行機を3回乗り継いでMarquetteのホテルに着くまで時差を差し引いても14時間。遠かった・・・。最後のシカゴからマルケット行きの飛行機が2時間半も遅れたのも原因だけど、そこに行く飛行機が本当に少ない。マルケットを離着陸する飛行機が一日にたった8本くらいしかない。飛行機が徐々に下降し、そろそろ飛行場に着くはずなのに空から下を見ても光がまばらしかなく、ほぼ真っ暗。えらい所に来てしまったというのが第一印象。しかも、スーツケースが開かないようにしておくベルトが無くなっていたし・・・。結局ホテルに着いてMeetingが終わったのが夜中の1時過ぎ。寝たのが2時過ぎていたので、今日は何だか時差ぼけのような症状が出てしまい1日中眠たかった。午前中は近くの小さなモールに行き、部屋で寝ないように体調調整。お昼はモール近くにあったファミリーレストランみたいな所で、タコスのような何と言うかそんな物を食べた。こちらは相変わらず何を注文してもボリュームが多く、僕の体重がちょっと増え気味。

 町は本当に小さく、モールまでTAXIで行ったけどミニバンのようなそのTAXIがこの街には1台しかないらしく、その1台でホテルとモールをピストンしてもらう。今日はそのTAXIしか見なかったので、この街には全部含めて1台しかないの!?ネットのアクセスポイントもなく、この日記も送れるかどうか・・・。しかも少し離れたポイントにアクセスすると結構お金がかかるらしい。この1週間更新が少なかったらそれが原因です(笑)。

 さて午後はスケートの調整をしようと思ったけど、いつの間にか睡魔に襲われて2時間程眠ってしまった。それでも何とか起きてブレードを調整して軽く夕食。練習は夜8時半〜10時までと一番最後の時間。氷はカルガリー程は滑る事もなく、まあ一般的なレベルだけど、滑るコースに水をまいても直ぐに乾いてしまうから、ちょっと厄介かも。明日は13時からの練習。試合までもう残り2回しか滑れないのでしっかりと調整しなければ。

 ちなみに、この日記は一日遅れて更新となりました。こちらでは、メールを読むことができますが、送ることができないので、今日はウェブ上でメールをしています。


10月19日(日) アメリカに向けて

 もうご存知の方もいるかと思いますが、初戦のカルガリー大会の成績は全く振るわず。一昨年のオリンピック前には500mで日本記録を出したリンクで、決して相性が悪くはないと思うけど、なかなか思うように滑れなかった。逆に世界と言えば500mで41秒1の世界記録(現状41秒5)。いつかはと思っていたけど、いよいよ40秒台に突入というのが現実味を帯びてきた。僕が世界デビューをした当時が44秒台がレースの常で、ちょうど43秒00という世界記録が出た頃だった。それを思うと着実に進化している。ただこれは、最速ラップが速くなったというよりも、スタートから半周が速くなっているのと、最後までラップが落ちなくなったのが要因。今世界は少し最速ラップについては頭打ちになっていて、その反面下位選手のスピードが上がってきて力が拮抗してきて、まさに試合は混戦になってきている。そこに少し巻き込まれてしまっている感があるので、一歩上に抜け出さなければならない。長距離も年々展開が早くなってタイムが上がる一方。

 明日というか、今日アメリカに移動する。せっかく世界と戦えるチャンスがあるのだから、転ぶか転ばないかのギリギリのスケーティングをして何かキッカケをつかみたい。


10月17日(金) まだまだ

 今日は正午に1500mの予選が始まり、次の準決勝が開始が19時からとかなり変則的な日程。なので今部屋に一旦戻ってきて日記を書いています。

 予選は7組目で韓国、中国、イタリアが一緒と少々キツイ組でしたが、そんな事はお構いなしに次のラウンドを目指してけど、残念ながら4着で次のラウンドに進出できなかった。通過ラインは全8組で各組2位+8組中3位の選手でタイムが速い選手上位2名。仮に僕が3着に入っていればタイム的にはトップで通過できただけに非常の惜しいレースです。今シーズンの夏場に靴を違うメーカーにして、ブレードも少し前に変えたけど、まだまだ好不調の波が激しく滑っていて自分の滑りが出来ていないように思う。歯がゆいというか、もっと楽しくスケートがしたい!

 今日はまだリレーがあるし、男子では唯一有野選手が準決勝に進んだので、応援をしてリレーに備えます。


10月16日(木) 心落ち着く時

 今こちらは夕方の5時半(日本時間朝9時半)をまわったところ。今日も練習を終えて、コーヒーを一杯入れてパソコンの画面と向き合っています。僕はこの時間がとても好きで、一日の日程をほぼ終えてゆっくりと大好きなコーヒーを飲みながらチョコレートをつまみ、こうやって日記を書いている時間が一番心安らぐ時。自分でも信じられないくらい心が休まり、何を考えるわけでも無いけど頭の中がスッキリします。今BGMには先程HMVで買ってきたOUTCAST(アウトキャスト)のHEY YA!という曲が流れています。ジャンルでいうとHIPHOP/RAPコーナーに置いてあると思います。とても乗りが良くてよい曲ですが、ちょっと若者向過ぎるかもしれません。その他にはNICKELBACKのTHE LONG ROADというアルバムとOBIE TRICEのCHEERSというアルバム。このOBIE TRICEは直感的に買ったので、まだ聞いてないけどちょっとハードかも!?短順にお薦めできませんが。もう一つオムニバスで女性ボーカルを集めた物で、Alanis MorissetteやNorah Jones、Sheryl Crowが入っています。

 さて、明日からいよいよワールドカップが始まります。今回もありがたい事に全種目出場できる事になりました。選ばれたからには開幕戦といえど、今ある力をしっかりと試せるような戦いをしてきたいと思ってます。今回の大会で一つ楽しみができました。それはリレーです。なぜかと言うと、全く個人的な意見だけど結構僕の理想に近い組み合わせ(順番)になったから。世界にデビューして以来ずっとアンカーを務めてきましたが、今回は新しい試みで僕はアンカーから外れます。僕はいつでもどの順番でも対応できるような心構えを持っているので、どこに選ばれてもやる自身はあります。ちなみに今回の順番は「寺尾→有野→池→西谷」です。リレーで一番重要なのは、いかにチームで協力してアンカーのラスト2周になるまで、アンカーになる選手の体力を消耗させずに戦えるかになると思ってます。最後はやはりアンカー勝負になった時、既に力が残ってないようでは不利になります。リレーは非常に難しく、単純に速い選手が良い選手なのではなく、体の大きい小さいもあるし、押す力が強い事も重要だし、リレーでの判断力も重要になります。将来究極的に言えば、アンカーは別枠で選考する事が必要になるのではと思ってます。結果はどうなるか分かりませんが、今回このリレーの組み合わでどこまで戦えるかが非常に楽しみ。直接アンカーの有野選手を押す事になる僕は非常に重要な任務となります。


10月15日(水)←クリックしてください。ファッション日記へ飛びます。


10月13日(月) 本当に降ったよ・・・

 今日は8時に起床。いつものように朝食前はホテルの周りをぐるりとウォーキングして簡単な体操をした。空は少しどんよりしているものの、今日も良い天気になるのかなあと思っていた。朝食を摂った後部屋に戻り少し本を読んだりウトウトと寝てしまったり・・・。さて、そろそろ練習の準備でもしようと窓の外を見ると、おいおい雪が降っているよ。それもある程度まとまった量が!朝はそれ程寒かったわけではなく、雪を見たときは本当にビックリした。30分くらいで雨に変わったが、もう雪の季節かと思っていたが、練習を終えリンクから帰る頃には既に晴れ間が。標高が少し高い分天気も変わりやすいのかな。とりあえず今シーズンの初雪でした。

 さて、今日はお昼に氷上練習をして夕方軽く陸トレ。氷上メニューはリレー2本と1500mを2本。そこそこの力を出して滑れば、日本ではかなりがんばらないとキープできないようなLAPもスイスイでる。こちらは標高も高く、空気抵抗が少ないとか、水が良いとかいろいろな環境が揃っているし、氷も約3cm程度と薄い。ちなみに日本の公営のリンクは約10cmらしい。これはある程度決まりがあるとかないとか(極端な例だと、お客さんがエッジの踵で氷に穴を開けてしまう事も想定される)。ちなみに基本的に薄い方が滑る。なぜかと言うと厚さがあればあるほど、氷の下に引かれている冷凍機から遠くなる上部は冷やす事が難しくなる。日本にはこのような高速リンクは無い。それでも最近はホームリンクである名古屋の邦和スポーツランドは国内の他の施設と比べ滑るようになってきた。国内に一つ高速リンクと呼ばれるような所があるだけで大分練習環境が変わってくるのに。そう思うと寂しいね。当分ワールドカップが日本で開かれるのは難しいかもしれないような気がした。


10月11日(土) カルガリー入り

 10日の午後3時半に成田空港と飛び立ち、シアトルを経由して同日午後12時過ぎにカルガリーに到着しました。時差があるとはいえ、出発した日時よりも到着したらそれよりも戻っているというのはいつも不思議な感じですね。それにしても怖かった・・・。何かというと、シアトルまで残り1時間くらいの地点で乱気流に巻き込まれたのか、飛行機が上下左右に大きく揺れました。僕は世界を転戦するようになって早や11年目となりますが過去最大級でした。さすがの僕も手に汗をかき久々に冷や冷やもの。ともあれ無事に現地入りできて良かったです。

 昨夜は時差ボケのせいもあり、夕方にちょっと寝るつもりが夕食の時間も過ぎてしまい後輩に起こしてもらいました。ちなみに僕は一人部屋です。その後はなるべく寝ないようにして、何とか11時まで粘り就寝。こちらは非常に空気が乾燥しているので4時頃喉が渇いて一度目が覚めましたが、起床の午前8時まで久しぶりにぐっすり9時間寝ました。日本にいたらまずこんなにも睡眠できる時はなかなか無いですね。朝食を終えて、F1の日本GPどうなったかとチャンネルを変えていたら、ちょうど始まる番組を見つけ見入っていると・・・、何とトヨタは3、4番手ではありませんか!!もう僕は大興奮。こりゃあ、決勝も生放送で見たいと思い、最後までTVを見ていたら午前1時から生放送!と予告が。いつも日本では眠い目をこすって夜中F1の中継を見ていますが、日本GPなのに今回も夜中かと思うと何だか変な感じ。余裕があれば絶対みたいなあ。ネットで結果を知るのも良いけど、やっぱり生だとドキドキ感が違うからねえ^^でも、こちらは同じカナダの中でも時差があるので、どこの時間を中心として午前1時から放送なのかちょっと心配。

 さて、そんなTVを見てから午前中は少しスケートリンクへ行きランニングしたり、ちょうど国際大会をしていたから試合観戦もしました。しかしこの試合のレベルの高さは凄いですよ。何せカナダ、アメリカ、中国のトップメンバーが参加し、その他の国も個人で参加している選手が多く、500mではアポロ・オーノがもう41秒7くらいで滑ってました。ちなみに僕の日本記録が41秒724ですからね・・・。明日は僕は出ませんが、後輩が3人ほど3000mのみエントリーしてます。午後試合後に16時から日本チームの練習時間があり、じっくりと氷の感触を確かめてきました。こちらのリンクは日本とは雲泥の差で、ブレード(刃)がしっかりと食いつきながらも、コーナー出口でとても伸びます。少し意識して滑らせただけで、日本では結構がんばらないと出ないようなLAPが簡単に出ます。ここまで行かなくても海外のリンクは基本的に滑るところが多いので、日本はこういった環境整備が遅れているなあといつも感じます。

 今こちらは午後9時になるところ。日本はちょうどお昼ですねえ。ちょっとまぶたが重くなってきましたが、もう少しがんばらないと。今日はちょっと長い日記になってしまいました。


10月9日(木)

 W杯事前合宿も今日が最終日。新しいブレードも徐々に慣れてきて昨日までは順調に練習していましたが、あとちょっとと欲をかいてブレード(刃)を改良しようとしたら思ったようにいかず、最後の氷上練習はちょっと満足行くまでには至りませんでした。あまりスッキリしない気持ちで海外に出るのは何だか歯がゆいですが、もう腹をくくって現地で調整すれば良いという風に気持ち切り替えています。

 明日は8時半に長野から成田に向けてマイクロバス(!)で出発し、だいたい4時間〜4時間半くらいでしょうか。そこから飛行機に乗ってカナダに向かうわけですが、手元に日程表が無い為どこを経由して何時間かかるのか全く分かりません。唯一分かっているのは帰国する時間だけ。あらら・・・こんなので良いのでしょうか!?

 第1戦目のカナダ・カルガリーはスピードスケートのみならずショートの中でも高速リンクとして評判が良いのですが、もう雪が降っているみたい。全然想像できないけど、まあ覚悟していかないと(笑)。もう午前0時近いというのに、全然スーツケースの中の荷物がまとまらない。飛行機で寝るためにも、今日はあまり寝ないつもりだけど・・・。それでは、行ってきます。


10月7日(火) 冬はすぐそこ?

 長野はもうかなり寒いです。朝晩はもう暖房ガンガンにいれてないと、とても過ごせないほど寒い。週末は何と零下までいったとか・・・。今回はW杯事前合宿。全日本のトップ5が全員集まるのは3月の世界選手権以来ではないだろうか?みんな元気そうで良かったです。

 練習も少し間が空いていたので、体もある程度回復していたと思っていたが大間違い。今日の練習が終わったらもう体が疲れていること。試合までは少し期間があるので今は調整し過ぎなくても良いけど、飛行機での移動もあり意外とそこでかなり疲労が溜まってしまうので気を付けなければならない。ちなみに金曜日に出発するのだけど、朝の9時前に長野を出て成田に直行。多分4−5時間かかると思うけど、そこからそのまま成田から飛行機で出国となるので、カナダに到着するまではかなりの長丁場。体調管理は本当に大切だねえ。

 さて、そろそろお風呂に浸かって早く寝なければ。


10月4日(土)

 挙式、披露宴、2次会と参加し思ったよりも早くホテルに戻ってきました。結婚式は参加する度にいろいろな演出に驚きますが、やはり純粋に友人が新しい門出を迎えるのは嬉しいし、式に出ている人々はとても幸せな気分になっていると思います。今朝はレンタカーの予約が上手くいってなかったみたいで、急遽他の会社のレンタカーを手配したりとバタバタして、挙式5分前に到着するという事態もありましたが、まあ間に合って何よりでした。でもさすがに新潟は遠いですね。

 式の途中でお酒がすすみ、かなり意識がもうろうとする場面もありちょっと反省。デザートも友人の分まで食べまくってお腹パンパン。もうワールドカップ始まるのに大丈夫かしら!?

 友人の結婚式も良かったし、大学の先輩方にもお会いできとても濃い一日となりました。もうすぐ戦闘モードに切り替えなければ。


10月3日(金) にっ、新潟!?

 すっかり秋めいてきましたが、みなさん変わりないですか?

 合宿が続いたり、新しいブレード(刃)を変えてなかなか上手く滑れない事もあり、かなり気持ちが疲れてきた。更に追い打ちをかけるように睡眠時間が少なくもうヘトヘト状態。遠征の準備もしなくてはならないし、何だかバタバタしている日々が続いてます。そんな中、今日は後輩と焼き肉を食べにいってきた。またか?と思われますが本当に僕は焼き肉が好きなんですね。決して高いお店ではなく、ちょうどお店のイベントと重なった事もあり、4人で満腹食べて8千円ちょっと。ねっ?安いでしょ!でも、安い割にはそこらのチェーン展開している所の中では一番美味しいと僕的には思ってます。でも回転寿司と焼き肉を食べに行った後はかなりの高確率でお腹を壊します。デリケートなんだかよく分かりませんが。

 さて明日は何と新潟に行ってきます。何でかというと学生時代、ともにスケートをがんばった仲間が結婚するからです。彼に会うのはとても久しぶり。もちろんこちらからは他にも仲間がいるわけで、明日は5人で行く事になりちょっとした同窓会。もうみんなはさすがに引退していて現役が僕一人になってからもう長い年月が経ちます。明日は思いっきりお祝いしてあげよう。

バックナンバーに戻る
ホームに戻る