12月31日(火) 1年の締めくくり

 年末の合宿も昨日終わり、怪我も無く内容の濃い練習ができた。それから昨日も非常に楽しい夜を過ごす事ができた。夕方頃に合宿から帰ってきて、荷物を片付けてから新年を迎えるのに車が汚いのは気分が悪いと思い、1時間くらいでピカピカに磨き上げ、それから名古屋へ移動し、いつも仲良くして下さるお友達(師匠?)の方々と「もつ鍋」。思い出してみたら僕は初めてのもつ鍋だったのだけど、これがまた美味しのなんの。実は夕方母親がハンバーグを作ってくれたので、テンコ盛のご飯と一緒に食べて行ったのに、あまりの美味しさにたくさん食べた。最後の雑炊とうどんまで・・・。その後はバーというかクラブというか、とても大人の雰囲気が漂っているところで午前3時くらいまでたくさん話、飲んできた。クラブでみんなで飲むシャンパンはまた格別なり。名古屋は最高に楽しいよ。それは良い仲間がいるから余計にそう思う。

 いつの間にか今年も終わってしまったけど、ざっくり思い出すと本当に今までに無いようなくらい、いろいろな事があった。ソルトレーク五輪。まだあれから1年経ってないのに僕にはものすごい前にあった事のように思える。1年後が次のオリンピックだよって言われたら、「もう来たなあ」と普通に答えそうな僕がいる。これが良い事なのか悪い事なのかなんて事はどうでも良いのだけど、率直に随分前の事だよなあと感じる。

 今シーズン、まだ世界の舞台で表彰台に上がってない。焦ってないと言えば嘘になるかもしれないが、昔みたいに目の前の事にしか見えないような年頃は過ぎ去ったようだ。今は何事にも向き合える事ができる。ところで次の五輪は目指すの?って聞かれたら正直なところすぐに答えを出せる気はしない。もちろん僕の体・心は次の五輪に向けたペースで動いている。目標(ターゲット)は明確だ。じゃあ、なぜ言葉に出てこないのかというと、それは僕にしか分からない複雑な心境があると思う。今までこういった事は選手生活の中で考えた事もないからね。まあ、あまり思いつめる事も無いし、何よりスケートをしている時の顔が僕の一番良い時だからね。いずれ、しっかりとみなさんにはお話しようと思ってます。

 さて、今年最後の今日をみなさんはどう過ごしてますか?部屋の掃除はしっかりとされましたか?最後に僕から一言。是非みなさんも来年やってみたい事、目指したいこと等、何でも良いので自分に目標・夢を持って過ごしてみて下さい。そうすれば1年どころか一日一日の過ごし方がかなり変わってくると思います。

 それでは、みなさん良いお年を。来年もよろしくお願いします。

寺尾 悟


12月28日(土) 寒みぃ〜

 昨日から会社も年末年始の長期連休。それと同時に僕は長野で合宿に入りました。今回は1月末に控えた国体の愛知県合宿。ショートチームとスピードチームが分かれる為、ショートの方は20名弱と強化練習をするには丁度良い人数。滑走は午前と午後の2回だけど、この時期に再び体にムチを入れるには良い練習環境である。

 それにしても、とにかくここは寒い。諏訪湖がほとりに見える高台に位置しているのだが、外も寒いがリンクも寒い。普段の氷上練習ではレーシングスーツの下にはTシャツ1枚だが、今回は長Tシャツにして寒さ対策。休憩中は常に上着を着て寒さを凌いでいる。さて、今から夕方の氷上練習(18:45〜)。新しい靴やブレードを使ったり、短いオフ期間で試行錯誤中。


12月26日(木) みなさん、もう聴きました?

 今日は寒い。本当に寒い。今愛知県地方も寒波に見舞われ、外ではシンシンと雪が降っています。明日からは長野で合宿だから、とても心配。本当に僕は寒がりなんですよねえ(笑)。いっぱい防寒具を持っていかないと。

 さて、みなさんは最近どんな音楽聴いています?僕は相変わらずトランス系が多いけど、久しぶりに邦楽も買ったし、洋楽に関しては本当にいろいろなジャンルを聴いて楽しんでいます。

 それと、11月にZIP-FMで初めて聴いてから僕のテーマ曲にしたいくらい気になっていたLAS KETCHUP(ラス ケチャップ)のアルバムが先週ようやく発売になりました。朝から元気になりたい人。家の中で踊りたい人、お薦めです。もちろん曲はTHE KETCHUP SONG(アセレヘ)。僕は密かに2曲目のKUSHA LAS PAYASもかなり良いと思うね!!先日ヨーロッパ遠征に行った時に気にしてCDを探していたけど無かったから、ようやく僕も手に入れられてハッピーだね。ちなみにスペインの女性グループ!!


12月23日(月) 今年も残りわずか

 少し過ごしやすい気温になったかと思えば、今日はまた一段と寒くなった。家の中と外との寒暖の差がかなり激しいから、体調を崩さないように気をつけなければならない。週末を挟んだものの若干疲れ気味のよう。一日中眠気とダルさが抜けない。会社は残り3日で連休に突入するから、もう一踏ん張り。僕等は連休開始と同時に合宿に入るから、あまりのんびりもしてられないけど、正月は久しぶりにゆっくりできそうだ。

 さて明日はクリスマスイヴ。みなさんはどのように過ごしますか?家族と過ごすのも良し。友人と過ごすも良し。もちろん恋人同士で過ごす人も多いでしょう。みなさん楽しいクリスマスを過ごせますように。僕はMARCOさんと鴨鍋で温まります。ドンペリと一緒に。楽しみだね。


12月20日(金) フル参戦!?

 何とも意味がありそうな日記の題名。実はこれ忘年会なんですよ。会社に入社してからというもの、この時期は試合があったり合宿があったり、オリンピック前だったりして中々忘年会に参加できなかったけど、今年は積極的にいろいろな会に参加しています。ただでさえ、ここ最近は毎日睡眠5時間ちょっとで今にもぶっ倒れそうなのに、忘年会では楽しみすぎてついつい元気に飲んだりしてね^_^今週の水曜日には会社の部の忘年会が泊りであり(総勢120名くらい!!)、朝の3時半まで飲み倒した(と、いっても量はみなさんの3分の1以下と推測して丁度良いくらい。実はかなり弱い)。もちろん翌日は朝からお仕事。3時間くらい寝て温泉入って、ホテルから会社までのバスは曝睡。それでも練習やって・・・。なんだかもうスーパーマンになったような気分ですわ。

 そうそう、いつの間にかもう今年もあと少し。そろそろ年賀状書かないとねえ。


12月17日(火) 日帰りで東京へ

 青森アジア大会の予備ドーピング(これをパスしないと大会に出場できない)の為、今日は東京へ。たった1時間少々の為に東京まで行くのは正直疲れる。それでも他の選手は福岡から飛行機を使って来ていたから、それを考えれば名古屋はまだ近いほうだが・・・。それも交通費は自己負担。あちゃ〜(T_T)

 帰宅するのが遅く練習ができないと予想された為、今日は朝6時に起床して1時間少々動的ストレッチ(一般的な静的ストレッチではなく)を入念に行った。それにしても移動は疲れる。明日は会社の忘年会に久しぶりに参加(しかも泊り)。ある意味気合いを入れていかないと。


12月15日(日)←クリックしてください。ファッション日記へ飛びます。


12月13日(金)

 W杯から帰国後、少し練習も休んでいたが今日からまた少しずつ動き出した。今日は長めのストレッチ、そして体の動きの確認。スケーティングフォームチェック及びエルゴ(固定自転車)を約30分。おおよそ2時間くらいと決して長い時間ではないが、シーズン後半戦に向けて一歩を踏み出した。外を少し走ったが今日は非常に風が冷たく感じた。ランニングをすれば体の中は温まるものの、指先や顔は特に冷たかった。今年は例年に比べ非常に寒い気がする。ちょうど大学の社会学部を卒業して1年間体育学部の研究生をやっていた頃は、この時期の夕方5時過ぎにも関わらず、学生達と長袖一枚と下はスパッツ(練習用の短パン)一枚で走っていた頃が懐かしい。別に歳を取ったと言いたい訳ではないけど(笑)。

 さっき年明けの練習表を見て驚いた。1月下旬に群馬国体があるのだが、それまでに氷上練習が7回くらいしかない。年内もあまり滑れないし、この環境何とかしないとね・・・。せめて週4,5回は氷の上に乗るようにできればベストだね。


12月10日(火) 帰路の機中にて

 およそ後1時間で成田空港に到着。約3週間の遠征もようやく終わりました。

 青森のアジア選手権から始まり、ロシア・サンクトペテルブルグ、イタリア・ボルミオのW杯。青森では異物問題から試合が中止になるし、ロシアは極寒で、まともに外も歩けなかったし、リンクには砂が乗っていて、500mでは予備予選で砂を踏んでしまい戦う事もできずに最下位・・・。楽しみだったイタリアへロシアから移動中に体調不良に。機中では我慢できたものの、バスでの移動中に気持ち悪さは頂点へ。バスを路肩に止めてもらい何年ぶりかに大規模(?)な嘔吐。結局、体調は今日まで戻らず風邪のような症状が治まらなかった。振り返ってみると何だかあまり良い思い出が残らない遠征となった。でも、イタリアでの食事の美味しさ、環境・景色の良さには大満足でした。

 ロシアでは全くネットができる環境ではなく、イタリアでは大丈夫だと思ってネットに何度も繋げようと試みたが撃沈。日記を書くだけ書いて、日本に帰ったら書いておいた日記を一気に掲載しようと思ったが、どうもタイムリーな物ではないから納得いかず、今日まで更新できなかった。

 今回の遠征を要約してみると以下の通り。

  1. 3週間続けてのフル出場は、精神的・肉体的にもかなりハードだった。それは昔も同じだったが、年齢を重ねていくごとにもう少しうまく試合を乗り切れるような自分のモチベーション管理をしっかりしていきたい。
  2. 結果はアジア選手権の500m決勝進出以外は全くそのレベルで争う事ができなかったのが事実。リレーも含めて。今後世界とどう向き合っていくか、もう一度考えていく必要がある。
  3. 各国が急激にレベルアップ。間違えなくここ数年の中ではダントツに競技レベルが向上。それは上位よりも下位チームで、全体的にかなり底上げされた。特にロシア・ドイツが顕著で、その他にもスロバキアやフランスもショートトラックに力を入れている感じが伝わってきた。特にロシアは国レベルで強化に取り組んでいるようだ。

 まあ、書き出したら切りがないけど、今後のショートトラックは益々激戦になっていくであろう。僕等選手にとっては大変な事である。しかし、それは世界的にショートトラックが普及してきた事であり、大変嬉しい事でもある。何よりその激戦の中で勝ち上がっていく方が僕にとっても更に勝つ価値のある事だからね。今後ショートトラックはもっとおもしろくなりますよ。

 あ〜、時差ボケ・・・。

バックナンバーに戻る
ホームに戻る