10月31日(木)

 中国から帰国して少々バタバタして日記更新が遅くなってしまいました。

 遠征に出発する前までは会社に半袖シャツで出社していたくらい暖かかった気がしたが、帰国したら驚くほど寒くなっていた。突然の季節の移り変わりに驚いて、最近はあまりスーツで出社する事は少なくなっていたが、昨日は久しぶりにそれに袖を通した。突然に日本が冬になっていたから、何を着ていこうかイメージができなかった為(笑)、無難にスーツにしたという訳だ。久しぶりに着て思ったけど、やっぱりスーツを着用すると僕は気持ちが引き締まるようだ。「さあ、戦いに行くぞ!」みたいな(←大げさ!?)

 火曜日は1日ゆっくり休養した。久しぶりに名古屋の街に出て、得意(?)のウィンドウショッピングに精を出した。平日の昼間に街に出るのが好きである。週末に比べて人通りも大幅に少なく、何だかとても特別な気分にしてくれる。その日は運が悪い(?)事に、D&Gのショップでとてもカッコイイジャケットを見つけてしまった。試着をさせてもらったのだが、予想通りのボディラインを描いてくれた。前から欲しいと思っていたジーンズ生地のジャケットである。僕は知らなかったのだが、後輩にその事を話すとどうやら今年はそれが流行らしい。流行を追いかけるのは嫌いだが、カッコ良いものはカッコ良いものなのである。衝動買いしそうだったが、グッとこらえた。数日考えて、やっぱり欲しいと思うのなら「買い」である。そんな事していて売れてしまったらどうするの?と。確かに僕に合う46サイズは1着のみだった。欲しくなって買いに行った時、もしもう売れてしまっていたら、その服は僕とは縁が無かっただけである。

 その日の夜はZip-FMのMARCOさんと久しぶりにお会いして食事に行った。少々飲んだシャンパンに酔ってしまった。焼き鳥屋さんは最高においしかったし、その後のバーは僕が行った事もないような時間が流れている良い空間だった。名古屋の食文化は非常に奥深いものと感じた夜であった。


10月27日(日)

 W杯最終日。今日は1000mとリレーの決勝。ウォーミングアップ時から体が軽く感じられ「今日は行けそうだなあ」と思ったけど、結果は準々決勝で3位敗退してしまった。さすがに少しガッカリしたよ。やっぱり決勝で戦いたい。

 リレーは中国が転倒した為、何とか3位(→写真)になれたという感じ。実力からいけば、残念ながら4、5番目だね。今一歩オリンピックでの反省が活かされてない気がする。もっとリレーにも力を入れないと、数年後にはあっという間に他国に抜かれる可能性だってある。チーム全体に危機感が足りないと思った。


10月26日(土) 結果は出てないけれど

 W杯第2戦が昨日から始まった。

 初日の1500Mは予選から厳しい組(韓国、中国、カナダで3位通過)だったけど、1位通過といつもの調子を取り戻しつつある感触だった。準決勝で敗退し結局7位だったけど、何となく今後の見通しができそうなレース内容だったと思う。

 しかしながら今日の500Mは予選敗退。確かに厳しい組だったけれど、やはりそこで勝ち上がっていかなければならない。改めてショートトラックの難しさを痛感した。

 もちろん勝てるに越した事は無い。だけどね、今はそんなに意識する必要はないと思う。僕だって負けようとして試合に臨んでいるわけではない。勝ちたい気持ちは誰よりもあると思う。この世界戦に出るようになったこの10年間、いろいろなことを経験してきた。勝って得る物もあるけど、負けて得る物だって非常に大きい。ただ「負けてしまった」と思うだけと、なぜ負けたか、何が相手の選手に劣っていたのか・・・考えられる事が世界に出る選手と国内で終わってしまう選手の違いかもしれない。過去にだって予選落ちはたくさんあった。まあ、いいじゃないか。そのくらいの余裕を持って戦う熟練期に僕は入ってきていると思う。ただね、レースに敗れた時「もう駄目かなあ」と思うようになってしまったら、そこが僕の引き際だと思う。まだ向上心があるのにここで諦めるのはもったいない。やっぱりねえ、僕は氷の上で戦うのが好きらしいですわ。

 まだ明日1000Mが残っている。意外と結果が出てない時に限って、最後に一発花火が上がるかもしれないし。


10月24日(木) 

 中国・北京にてW杯第2戦目が明日から始まる。韓国との氷の感触は大分違うが、こちらの方が滑っていてタイムも良い感じで出ている。男子チームは全体的に調子は上向きだが他国の選手も徐々にレースに慣れてくるので、今回からが本当の勝負になってくると予想される。明日から3日間、自分と相手との激しい戦いが繰り広げられる。

 今大会は先週の参加国に加えて、イギリス、ベルギー、ドイツ、モンゴルの4ヶ国が加わった。

 先週の大会を見ていて、オリンピックの翌シーズンという事もあり、選手はかなりリラックスしているように感じられた。昨シーズンの試合と雰囲気が全く違い、ピリピリとしいた空気はあまり無い。

 昨夜、日本チーム(Bチーム男女10名が同じ場所で中・カナダと合宿中)で北京ダックを食べに行った。僕自身久しぶりに食べたのだが、たくさんの量を食べるような料理でもないので、4,5つくらい食べただけ。食べ方は直径15cmくらいの小麦粉(だよね?)で作った皮に北京ダックとネギ、最後に味噌みたいのを加えてそれを包んで食べます。イメージできますかねえ?僕はこれを日本で食べた事がないけど、みなさんって食べる習慣ありますか?

 とにかく明日からの試合、先週以上の成績を残すように滑っていきます。


10月21日(月) 遠征での一つの楽しみ

 昨日のW杯最終日1000m準々決勝においてラスト半周2番手で滑走中、後ろの選手に追突されて一緒に転倒した。その際首を強打し、痛みから首が上に曲がらなくなった。救済されて準決勝に進んだものの、滑走姿勢を取った時痛みから顔を真っ直ぐ前に向ける事ができず満足行くレースができなかった。今回はドクター・トレーナーが遠征に同行してない為、カナダのドクターにチェックをしてもらい大事を取ってリレーを棄権する事になり、周りに迷惑を掛けてしまった。それでもみんなの活躍で3位になれた事は嬉しい出来事だった。

 今日から中国・北京へ移動しました。中国へはW杯で毎年来ているのだけど、ここ数年は長春(チョウシュン)でずっとW杯が行われたので、北京に来たのは3,4年ぶりだろう。2008年には確か北京で五輪が行われるはずだし、TV等で中国の成長ぶりは多少知っていたので、ここ数年でどのくらい変わったのだろうと何となく思っていた。

 ところが、である。僕はあまりの変貌振りに正直驚いた。これは日本の経済が本格的に追い抜かれるのは時間の問題だと本当に思ったくらいだ。試合が行われる会場は前回と同じだから、周りの雰囲気などは鮮明に残っている。しかし、現状は僕の記憶の中のものとは全く違った。リンクの前の道路は片側2車線の計4車線の道路が走っていて、ホテルからリンクへ行くにはその道を度胸で渡らなければならなかった。というのは、横断歩道も信号も無く僕らは車をスリ抜けるように毎回渡っていた。今は片側3車線+バイパス2車線の計10車線。その上には大きな歩道橋が掛かっていた。

 道も日本並、もしくはそれ以上に整備されていた。そして近くに以前には無かった大きなデパートが賑わっていた。僕はそれらを見て子供のようにドキドキした。もはや中国の大躍進は誰にも止められないだろうと思った。車が街にあふれ返り、外国車がたくさん走っている。自転車はもちろん庶民の足になっているが、10年前に初めて代表に選ばれて遠征に来た北京の姿はもう無かった。あの自転車が所狭しと走っていた景色はもう無かった。

 話は変わるが、遠征に来ての楽しみの一つは滞在先ホテルの生活である。過去いろいろな国のいろいろなホテル・宿舎に泊まってきた。グレードも地域によって千差万別。狭くてスーツケースも広げられない部屋や、シャンプーも流せないくらい少ししか出ないシャワー、出ても茶色い色したお湯が出てくるシャワー。逆にホテル代だけで予算が無くなってしまうような高級なホテル。値段が高いからといって必ず良いホテルとは限らない。イベント(大会)に便乗して通常よりたくさん料金を取るところがあるからだ。

 今回はスケートリンクの目の前にある5つ星ホテル。何度か日本料理を食べに入ったことがあるホテルだが宿泊するのは初めてだ。日本で通常生活する上でこういったホテルに1週間も宿泊する機会はまず無い。合宿をする場合は普通合宿所もしくはビジネスホテルを使用するからだ。僕はこういったホテル暮らしに憧れている部分があると思う。普段自宅にいるのとは全く違う気持ちになれるからだ。朝起きた時から妙に気持ちが引き締まっている。気分が非常に良い緊張状態にある。料金が高いホテルには、お金では得る事が出来ない何かがあると思う。それを知っている人はお金を払ってでもこういった所を宿泊先に選ぶのだろう。スケート以外の生活から得られる事も遠征の中には意外と多い。

 海外に来るとつい日記が長くなってしまう。最後までお付き合い頂きありがとうございます。


10月19日(土) 我慢と歯がゆさ

 W杯の開幕戦、韓国・春川(チュンチョン)。個人2種目が終わり未だ決勝進出ならず。我慢の戦いが続いている。今年の練習量を考えれば、自分の力具合はある程度分かっているから今の現状をしっかりと認識することも必要。しかし、”勝負師”の僕としてはどんな状況であっても相手に負けることは悔しい。その気持ちだけはしっかりと心に打ち付けておきたい。ここで勝負という時に頭のイメージとは裏腹に足が出てこない歯がゆさは何とも耐えがたい事である。今の成績に一喜一憂する必要はないと思うが、今後の事を考えて内容のあるレースだけは心がけたい。僕はこんなレベルではないからね。

 ところで、今日あたりにアクセス100,000件を突破しているのでは!?ソルトレークオリンピックを機に今まで以上にたくさんの方々に応援して頂いて、本当に感謝しています。この場を借りて御礼を申し上げます。

 そしていつもたくさんのメールありがとうございます。なかなか返事を書く事ができませんが、全てのメールをしっかりと読んでおります。これからもご指導・激励よろしくお願いいたします。


10月17日(木) 明日からW杯

 明日からいよいよW杯が開幕します。今回は参加国少なく少々寂しい大会ですが、米国が不参加以外、強豪国は全部参加するので結局内容は濃くなりそう。参加国が少ない分、予選から強い選手同士があたる事になるから全然気を抜く事はできないね。いつもより気持ちをしっかり入れていかないと。

 話は変わるけど、韓国と言えばキムチ、焼き肉、ビビンバ(→写真。左は末吉選手)ってところでしょう。こちらに来て厳しい調整を行いながらも、夕食等は外に出て韓国を満喫してます。何故かというと・・・、ホテルの食事代がめちゃくちゃ高い!朝食で15$(1,900円弱!!)、夕食にいたっては27$(3,400円弱!!)くらい。日本でも高いと思う金額でも、出てくる食事はそんなにたいした事は無い。それだったら外食した方が安くて美味しいという事になる。う〜ん、W杯に便乗した値上げなのか?

 ビビンバを食べているオフタイムの僕と末吉選手の写真を楽しんで頂けましたか?ちなみにこの石焼きビビンバは4,000ウォン(約400円)。どうです。安いでしょう?もちろんキムチ等、もろもろつまみが6品くらいついても同じ値段。


10月11日(金) 全員集合

 昨日から再び野辺山入り。来週からのW杯を控え、短い期間であるが合宿してます。9月の全日本合宿では大阪チームが海外合宿中のため不在。だから約4ヶ月ぶりくらいにフルメンバーが揃った事になる。

 先週体調を崩していた事もあり、若干まだ体力が戻りきっていない感があるけど、少しずつ調子も上向きになってきた。何よりスケートを滑っている時が、緊迫感もあり非常に楽しい。だって考えてみても氷の上を信じられないようなスピードで駆け抜けていく。スケートをあまり滑れない人でも想像するだけでゾクゾクってしない?教える立場より実際に滑っている選手の方が絶対楽しいしね。

 今日は午前と午後と練習の間に昼寝をした。普段の生活ではありえないけど、僕は練習後や昼食後に少し眠る事は疲れも取れるし、次の練習に向けて体の調子を整えている感じがする。やっぱり時間に余裕がある生活はスケートにも良い影響を及ぼしている。

 今週は待ちに待ったF1日本GP。我がトヨタレーシングがどこまで戦ってくれるか期待している。来シーズンのもう一人のドライバーも発表されそうだし。やっぱりCARTのチャンピオンかな?ファン・パブロ・モントーヤ(ウィリアムズ・BMW)の再来を期待したい。

ファッション日記もあります。←クリックしてください。


10月7日(月) 快気祝い!?

 先週の火曜日に発症した原因不明の風邪もようやく落ち着いてきました。一時はどうなるかと思ったけど、週末の合宿にも無事に行き、久しぶりの運動だった事もあり、最初は一本滑るたびに胃液が喉の辺りまできて酸っぱい嫌な感じだったけど日に日に良くなり、昨日はほぼ普通通りに練習をする事ができた。

 それに伴い食欲も戻ってきて、ダイエットのリバウンドではないけど、何だかとても過食症になって気がします(笑)。今日は会社帰りにミニストップへ寄って、最近新発売になったベルギーチョコソフトを堪能してきたところです。

 今日は待ちに待ったヘアカット。もう僕の頭は整備されてない草むらのようにボーボーになっているので、BLANCOの土屋王子にまたパワーを注入してもらってきます。


10月2日(水) 体調不良

 昨日から体調が悪くなり、下痢と嘔吐の繰り返しとなった。熱も上がってきた為、夜中に近くの病院へ行き診察と薬を頂き、点滴も特別にしてもらった。

 翌日の今日になって若干熱は下がったものの、依然として胃の周辺が痛み会社も休む事にした。朝はあまりの痛みに眠る事もできないくらいだったが、気づいたらお昼になっていた。来週からW杯の遠征もあるから、早く病気を治す事が今の僕にとっての最大の課題だった。

 お昼過ぎに、いつも信頼を寄せている渡辺病院(愛知県・知多郡美浜町)の渡辺先生に連絡して急遽診察していただく事にした。家から1時間何とか車を運転していき早速診察。約2時間の点滴、そして血液検査を元に薬の投与と的確に診ていただき、点滴中はぐっすりと眠る事ができ起きたら体の調子も大分良くなっていた。先生からも顔色が全然良くなったと言われたくらい。

 今日はお昼にゼリーを一個食べるのが精一杯だったが、病院から頂いた薬を飲んでから食欲も少し出てきて、夜はおかゆと素うどんを食べる事ができた。先生には本当に感謝したい。

 これで4日間練習ができてない。明日体調が更に改善されていれば少しずつ体を動かしていきたい。

バックナンバーに戻る
ホームに戻る