8月28日(水) 踏ん張りどころ

 今年はオリンピックの翌シーズンという事もあり、選手によって考え方は様々だろう。今年は多少練習量を落として気分的に徐々に盛り上げていこうとか、若い選手なんかはいわばチャンスのシーズンでもあるから、今のうちにしっかり練習して一気に上の選手を追い越そうとか・・・。高校時代まさしく僕は後者であり、アルベールビル(仏)オリンピック(92年)が終わった直後から猛烈に練習をするようになった。ただ、夏季と同じ年に行われていたオリンピックをずらす為に、次の冬季オリンピック(94年ノルウェー・リレハンメル)はアルベールビルから2年後に行われたのも僕の勢いを更に加速させた。それから一年半後のオリンピック最終選考会である全日本選手権で初優勝したのであった(現在までに7回総合優勝)。

 今年の僕は今までにないくらい「のんびり」ペース。昨年とは違い会社にも毎日出社しているので練習する回数も限られている。その中でいかに効率的にやるかが一つのポイントだけど、昔のように勢いだけで練習できなくなっているのは正直なところ。そろそろ寺尾も落ち気味か?となると、それは違うのである。僕は毎年この練習方法、練習パターンがベストだ!と思いながらやっている訳だけど、翌シーズンには僕の中でそれはあっさり覆される。どんどん人間も練習も進化している。もちろん基本練習は大事だから継続する必要もあるけど、一つの練習にしてもそれを基準にいろいろな応用パターンが発見される。これは僕も練習をしていてとてもおもしろい。新しい練習方法が見つかれば今年はもっと強くなるのではないのかな?ととてもうれしくなる。そうやって僕はモチベーションを保っているかもしれない。

 肉体的な衰えは感じない。自分の年齢は普段全然気にしない。何歳になったからもう駄目だという概念は僕の中にない。これからは自分の精神・気持ち・心との戦い。勝ちたい気持ちがあればずっと僕は戦いつづけられる。スポーツはやっぱり教える側よりも自分でやっている方が楽しい。この「楽しい」というのが僕にとって永遠のキーワード。「夢」と共に。


8月22日(木) 不思議な一言

 ここ最近の朝晩はすっかり秋めいてきましたねえ。まだまだ日中は暑いけど、夕方からは非常に過ごしやすい。1年の中でこれから本格的な秋に突入するまでの数ヶ月間が一番練習がやりやすい気候だね。僕は夏の暑さも駄目だし、スケート選手のくせに寒い冬が苦手でして・・・春夏秋冬の中で春と秋がやっぱり好きかな。ファッションだって一番体のラインが綺麗に出る服を着れる時期でもあるしね(笑)。

 ところで前々からある一言を言われると返す言葉に戸惑う事がある。それは「スケート選手なのに足が細いねえ」と。どう思います?どちらかというと、ご年配の方に言われる場合が多く、普段は何とも思わない事でも妙に足の太さの事が気になってしまう。どうやら「スケート選手=足の筋肉モリモリ」みたいなイメージがあるらしい。という事は「筋肉モリモリ=スケートが速い」という図式が成立しているのだろう。もちろん足の筋肉を付けるだけでスケートが速くなるのであれば僕もとっくにやっているのになあ・・・何て考えたりします。

 ここのところデジカメが活躍する場面が少ない。本当ならもっとバシバシ写真を撮りたいけどね。まあのんびり待っていてください。あっ、音楽情報全然進んでないなあ・・・反省。


8月15日(木) 長野は涼しいでぇ〜

 合宿4日目。今年はのんびり練習をやってきた事もあり、まあ練習をやっても常に必死。いつもの感じで滑っているといつの間にやら失速状態。おいおい、こんなんで大丈夫かと自分にプレッシャーを与えならが毎日過ごしてる。

 今日は午前中氷上練習を行い、午後からは休養となった。山の上で合宿しているから、たまには外食しようと昼・夜と下界(?)へ足を伸ばした。お昼は久しぶりにラーメンを堪能。一見ドライブインのような外観で、定食屋のようにいろいろな種類のメニューがあるけど、このラーメンがすこぶる美味しかった。週に2,3回は昼食にラーメンを食べる僕が美味しいと言っているから、それなりに美味しい筈(本当か?)。

 夜は清里(山梨)からすこし下ったところに合宿に来ると時々行く美味しい洋食屋さんがあり、そこに行ってみた。お盆なので混んでいる事は予想していた。お店の入り口に「満席」の札が掛かっていたので、どのくらい待てば良いのかと思い後輩が「5人なんですけど・・・」と聞いたところ、お店の奥さんらしき人が出てきて、全く考える事もなく「予約でいっぱいです」とだけ言われた。それも申し訳無さそうな素振りも見せず僕らはかなり嫌な気分をした。以前食べた時とても美味しいと感じただけにガッカリ。もう二度と行く事はないだろう。

 暗い話はさておき、また明日から練習にしっかりと打ち込まなくては。今年はオリンピック直後だっただけに合宿も練習量もガクッと減っているが、来年も挑戦する意欲があるならば、序盤からもう少し充実したシーズンにしたい。しばらく行ってないイタリア合宿も是非実行したいね。


8月12日(月) 取材風景見学

 昨日僕は行きつけのBLANCO(美容院)にいました。なぜかというと、女性雑誌「25ans(ヴァンサンカン)」の10月号(だと思います)に名古屋特集が組まれるようで、その取材風景を見学する事ができ、非常に新鮮な眼差しで見入ってしまった。もちろんBLANCOが掲載されると思います。

 女性の編集員の方がお二人。フォトグラファーの男性が一人の計3人で取材されていましたが、とても手際が良く見ていてとても新しい刺激を頂きました。スポーツ選手以外のプロっていうのも相当な迫力。みなさんがんばってるなあと、何だか励まされた気がした^_^。掲載とは関係ないけど、僕もポラ数枚撮って頂きました。ただ撮影していただけただけなのに、妙に緊張している僕がそこにいました(笑)。勝手にモデル気分!?

 さて、今日から長野・野辺山で合宿が始まりました。ここは愛知と比べ物にならないくらい快適です。とにかく涼しいね。お盆が過ぎるとシーズンインまでアッという間だなあ・・・。


8月5日(月) Olympic Day Run

 土・日の週末、栃木県は今市市に行ってきました。ここでオリンピック選手と走りましょう!という大会があり(もちろん地元のマラソン大会とのタイアップ)、現地に行ったのである。毎年決まった地域ではないが、全国約13、4ヶ所くらいでやっていたのだが、東海地方で開催されないという事もあり参加を見送っていたのだけど、今年はオリンピックも終わり若干余裕があったので、唯一日程が空いていた栃木大会を選んだ。

 栃木に行ったのは、中学校の修学旅行とインターハイで日光に行ったきりで、それ以来約10年ぶりだった。

 大会当日は約2千人強の参加者がおり盛大に開かれた。僕は2、3、5、10kmの中から5kmを選び、約700名の市民ランナーと走った。市民ランナーと言ってもスタートラインについた時から、みなさんの顔つきが変わり殺気立ったいた。僕は招待選手という事でスタートライン先頭からスタートしたけど、ピストルがなった瞬間からドォーと選手が重なり合い、一度思いっきり転びそうになった。市民大会でこれくらいの当たりがあるのだから、本当にマラソン大会等はすごいのだろうなあと身震いした。

 最初は勢いに乗ってガンガン走っていったがすぐにバテはじめ、序盤はみなさんに声を掛けながら走っていたが、後半は逆に応援される羽目に。何とも情けない・・・。

 しかし、こうやって地方の大会に参加させていただき、いろいろな人々と交流があるのは非常に嬉しいし、僕の財産だ。来年からも積極的に参加したいと思う。是非東海地方の自治体も積極的に誘致して欲しいと思う。何せここ(愛知)から一番近い会場でも長野か大阪大会だからね。


8月1日(木) 

 暑いですねえ。この一言、今や頻繁に口のする言葉の一つではないでしょうか?どうなってしまうかと思うくらい毎日暑いけど、せっせとトレーニングは続けております。

 最近少々バテ気味で、夜もあまり眠れず疲れも取れずで悪循環になっていて、何とかこの生活を何とかしなければと思いつつどうにもならないのが現状。誰か日本中が冷えるようなクーラー開発してくれないかなあ(ある訳ない!!)

 さて、話は変わりますが最近家から車で15分くらいの所におもしろい本屋さんを見つけた。そこは一件普通の書店だけど、置いてある本の約5割が車の本で、ヨダレ(?)がでるくらい見ていて楽しい。あらゆる車の雑誌が置いてあり、しかもかなり昔のバックナンバーまで置いてある。僕は思わず'84年のCAR GRAPHICを12か月分全部買ってしまった(セールか何かで1,800円だった)。僕は'99年くらいからこの雑誌を集めており、将来はしっかりとした本棚に飾りたいと思っている。

 ちなみにこの本、名前の通り車の専門雑誌で定価1,000円。という事は、毎年1万2千円の出費となる訳だ。この日僕は30分くらいこの本屋さんであれこれ見て、結局約1万円くらい使ってしまった(何と言う衝動買い。またこれば良いのに!)。

 ちょっと話がそれてしまったけど、車は楽しいですよ。運転しても雑誌を眺めているだけでも・・・。

バックナンバーに戻る
ホームに戻る