4月29日(日) 良い方向

 昨日、今日と2日間にわたり体力測定が行われた。これは例年行われているもので、毎年2回程シーズン初めとW杯が始まる9月ごろにやっている。

 今回はまだ4月の測定なので、単純に今までの結果と安易に比較はできないが、それでもこの時期にしては合格点のできといったところ。これから本格的なトレーニング時期をしっかりとやっていけば、次の測定時には自ずと結果は出てくると思う。これからが本当の勝負である。


4月27日(金) 開幕戦?

 昨日から第1回目のナショナルチーム合宿が始まった。今シーズンの開幕戦と言ったところだろうか?今回の合宿のメインは、個人の現在の力を知る為の体力測定が主な内容だが、夏場の本格的なトレーニングを始めるにあたって、自分の現状をしっかりと把握しておきたい。

 オリンピックイヤーという事もあって、選手達の目が輝いているように見える。

 俺も負けてられないな。


4月22日(日) 新たな刺激

 今日はボクシングの石井広三選手(天熊丸木ジム)の応援に名古屋国際会議場へ。結果は2ラウンドK.O.と圧倒的な強さ。世界に向けて順調な仕上がりという感じだった。久しぶりにスケート以外のスポーツを観戦して良い刺激を受けた。また明日から厳しいトレーニングに励もうと改めて思った一日だった。


4月19日(木) オリンピックを迎えるにあたって

 もうすぐ本格的なトレーニング時期に。激しいトレーニングをやるにあたって健康というのが大前提。今日は渡辺病院(愛知県・美浜町)へ検査に行き血液検査を始め、気になるところを全部見てもらった。先生にはとても親身になって見ていただき、安心して検査を受けることができた。

 全部の結果が今日全て出たわけではないが、今のところ問題なし。大丈夫だと思っていても自分の体は気になるもので、これで思い切って練習をやれそうだ。長野オリンピック前でもこんなに自分の体を気にしたことがないと思う。今回のオリンピックは今時期からしっかり気合いが入っていると自分でも思う。何だか良い感じだ・・・。


4月15日(日) ジム訪問

 昨日たまたま天熊丸木ボクシングジム(名古屋・西区)を訪問できる機会があり、初めてボクサーの練習風景を見学させていただいた。試合が近いこともあり、選手は調整段階だから本気でスパーリングはやってないそうだが、それでもすごい迫力だった。このジムにはWBA世界スーパーバンタム級の石井広三選手がいる。実は来週名古屋国際会議場イベントホールでタイトルマッチ前哨戦があり、僕は応援に行く予定である。しっかり応援して是非勝利をもぎ取ってほしい。


4月13日(金) 新たな道のり

 昨シーズンを締めくくった世界選手権から早10日。例年より若干短めの休養をとり、今日からオリンピックに向けて再始動した。この10日間くらいは気分的なリフレッシュもできたし、久しぶりに友達とも遊んだ。完全に家でゆっくり休養していたことはほとんどなく、外に出てシーズン中以上(?)に活発に動いていた気がする。

 今日は軽いランニングとマシンを使ったウェイトトレーニング。ざっと1時間強くらい体を動かした。あまり動かなかったというか、筋肉が硬くなっていた。

 オリンピック前で焦りそうなところだが、トレーニングはやり始めが肝心なのでじっくり体を動かしていきたい。まずは計画どおりのスタートである。


4月8日(日) のんびりした日々

 シーズンも先週末の世界選手権で一区切りして、今はほんの少しの休養を過ごしています。3月は本当に試合続きで大変でしたが、こうやってオフを過ごすと、改めて体をかなり酷使していたんだなあと気づきます。なぜなら昨日風呂あがりにストレッチをしてみたら、いつもあった嫌な張りが消えていたからです。やっぱり休養も大切だと改めて実感。

 さて、今日はお花見。久しぶりに地元の友人達と再会である。


4月1日(日) 多くの課題を残して

 今日で世界選手権も終わり、今シーズンの全日程を終了しました。今日の1000mでは勝ちを意識しすぎてか、どうも消極的なレースをしてしまし、準々決勝で敗退してしまった。氷の条件も悪く、相手も気を抜けない面子だっただけに、積極的に行こうとレース前からずっと思っていたが、いざレースとなると次のレースのことを考えてしまい、足を使わないでおこうと思っているうちに、前に出られずに終わってしまうのである。

 これは一つの課題であるが、来シーズンに向けてこれ以外にもたくさんの課題が山積みになっている。細かいことを考えてもしょうがないが、勝つためにはあらゆる条件の中で冷静に判断する力が必要である。長年世界で戦ってきたが、まだまだ甘い自分にもっとムチを入れてがんばっていきたい。

 今シーズンもたくさんの応援ありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げます。来シーズンも是非応援よろしくお願いいたします。

バックナンバーに戻る
ホームに戻る