3月29日(月)世界選手権を終えて

 今シーズンの最後を締めくくる世界選手権を総合2位で終えることができました。1000mでは、僕自身初めての優勝をすることができ、最高にうれしい限りでした。そして、3000mの決勝前には一時総合トップに立ち、世界チャンピオン目前までいきましたが、あと一歩のところで届きませんでした。でも、決してこの結果で満足できるとは言い切れませんが、とにかく1000mで勝ったときは何とも言えないくらい、気持ちいい瞬間でした。長野オリンピックからもう1年以上が過ぎましたが、少しだけ借りを返せたと思います。今回の大会は、ずば抜けた選手が不在の年となり、最後の3000mまで3人で優勝争いをする、激しい大会になりました。僕もまだまだ世界のトップから離されるわけにはいきません。来シーズンからはトヨタ自動車の社員となり、またがんばっていきます。これからも応援よろしくお願いします。

3月19−21日(金−日) 世界ショートトラック選手権

 1000mでは1分30秒913の1位。

 1500mで2分27秒673の2位。

 3000mでは5分11秒663の2位。

 総合順位は李佳軍(中国)に次いで2位。

バックナンバーに戻る
ホームに戻る