9月8日(火) ワールドカップに向けて

いよいよワールドカップ開幕まで、あと2週間あまりとなりました。つい最近オリンピックが終わったと思っていたら、もう次のシーズンが始まります。ワールドカップに向けて11日から、長野県野辺山で事前合宿が行われます。そして、そのまま21日に第1戦が行われる、カナダ・モントリオールに向けて出発します。第2戦はアメリカ・サラトナで行われ、10月7日に帰国予定となっています。

今回のワールドカップが今年の最初の国際大会となりますが、毎年最初の試合は他国の選手がどのくらい成長したのか、楽しみな試合となります。逆に言えば、すごくドキドキする試合でもあるのです。オリンピックが終わった次のシーズンというのは、比較的選手ものんびりしています。そういうシーズンは、ランクの低い選手がチャンスとばかりに上位を狙ってきます。他の選手がのんびりやっている時こそ、上にいく可能性が出てきます。といっても、ショートトラックにおいてはいつでもいろんな選手にチャンスがあるけど・・。

今までの日記に書いてきたように、今年はスローペースでトレーニングをしてきました。今年の僕が世界でどこまで通用するか分かりませんが、やる時やきっちりやり、まだまだ上位の座を簡単に明け渡すわけにはいきません。また結果を楽しみにしていてください。あくまで、今年はゆっくりやるつもりですが。

最後に、がんばれ寺尾!!のページが復活しました。作者の横内さんがオーストリアから帰国しました。3月のウィーンでの世界選手権では、応援に駆けつけてくださいました。ページのほうも濃ーい内容となっていますので、皆さん横内さんのページも是非ご覧ください。

8月19日(水) 夏の合宿

皆さんお久しぶりです。長い間ホームページが更新されず、どうしたのかなと思った方もいるかもしれませんが、ぜんぜん僕は元気にやっています。

7月終わりから昨日まで3回に分けて合宿が行われました。はじめの2回は中京大学の合宿で、愛知青少年公園と蓼科でそれぞれトレーニングに励みました。青少年公園での昼間の陸上トレーニングは、あまりの暑さに走っていて気が狂いそうなくらいでしたが、蓼科のほうは非常に涼しくトレーニングにも集中できました。

そして最後はお盆恒例の愛知県合宿です。これは、僕が中学校2年生くらいから行われるようになり、毎年8月12日から18日まで長野県で行われます。ここ10年くらいお盆を家で過ごしたことがありません。この合宿で滑り込み、スケーティングフォームをしっかり固め、シーズンを迎えるのです。オリンピックが終わったこともあり、今年のトレーニングはスロースタートだったので、例年と比べるとあまり滑れていませんが、それでも満足いくレベルで合宿を終了することができました。

毎年7月終わりから8月にかけてイタリアに合宿に行っていました。今年は精神的に疲れていたので、合宿に行かなかったけどまた来年から行けるようだったら、積極的に行きたいと思っています。やはり、日本にいてトレーニングはできても、何かが足りないような気がするからです。多分それは、いっしょに練習をしていて感じる刺激みたいなものがないからだと思います。がんばります。

バックナンバーに戻る
ホームに戻る